上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KJで怖い話がないか尋ねてみました。
いくつか面白い話が出てきたので、紹介します。
元の話からアレンジしてありますが、すべて実話だそうです


父の話その1

年老いた父は酒を飲むと昔を思い出すのか、時折若い頃の話をする時がある。
父は若い頃満州にいた。
その頃の話は日本では信じられないような話が多い。
これはそんなお話。

父は若い頃奉天という町にいたことがある。
人見知りしない父は憲兵と仲良くなって、いろいろ話を聞いていたそうだ。
その頃、戦中だというのに、流行ってる料理店が奉天市内にあった。
物資も不足しがちな時代にだ。
父はその店に行ってないから、何故流行ってるのか、メインの料理は何か、ということは知らなかった。
ある日、憲兵がその店に手入れに入った。
理由は聞いていない。
ひとつだけはっきりしていること。
それは、店の裏側から12歳ぐらいの女の子の骨が出てきたことだけさ。
そう言って、父は一息に酒をあおった。


父の話 その2

年老いた父は酒を飲むと昔を思い出すのか、時折若い頃の話をする時がある。
父は若い頃満州にいた。
その頃の話は日本では信じられないような話が多い。
これはそんなお話。

南満州鉄道に父は乗ったことがあるらしい。
その会社では新人研修で、蒸気機関車の運転をやらせていた。
何もない原野をただ走っていくだけの研修だ。
ある日、研修中に研修生が行方不明になった。
原野の真ん中で停止して、研修生を捜したそうだ。
見つかったかどうかは知らないが。
間をおくように、父は一口酒を飲んだ。
ただ、研修用の機関車の釜の焚口は、とても大きかったな。


大分のスナック

大分に行きつけの飲み屋があったのよ。
ビル自体はいたって普通の飲み屋が集まった、よくあるビルね。
その店のママとはとあるきっかけで知り合って、1人で行ったり、友達と行ったりしてるうちに常連さんとも仲良くなってた。
店に超でかい招き猫のぬいぐみとかあったりして、雰囲気は変わってる店だった。
後で知ったけど、ママと常連さんの数人が、いわゆる見える人だったらしいの。
女性スタッフが洗い物とかしてると、目の隅にちらちら見えるものがあるとか、話し声が聞こえるとかそういうのは良くあったらしいの。
ママが店の締めをしてたら、ぬいぐるみの目がきょろきょろ動いて、店内を見渡してたりとか。
お店の入り口が勝手に開いたりとか。
ママの耳元で誰かが話してたりとか。
常連さんの中で特に力が強い人は、壁から手が出てきて肩を掴まれたとか言ってた。
ぜーんぶ冗談だと思ってたよ。

そのうち店が移転して、と言っても同じビルの別の階だけど、私と他の常連さんが何人か集まった日があったの。
店の入り口が見えるBOX席でね、私と肩を掴まれた人が並んで座ってた時なんよ。
入り口が開いたんで、2人そろって、そっちを見たの。
目の前を水色のワンピを着た女性が通って、一瞬で消えちゃったの。
隣の人と目を合わせて、
「今、来たよね?」
「うん、来た」
「水色のワンピ見えた?」
「うん、2人だった。もう1人は黒い服着てた」
「え!2人!!」
「そう、2人だった」
私は水色のワンピしか見えなかった。
けど隣の人は2人見たって。
見た瞬間は「え???今の何?」て感じだった。
思い返すと、背筋がぞわぞわとした。
あれは、見ないと信じられないね~


区画整理の後

今住んでる家なんだけどね、区画整理で立ち退きくらって建て替えた家なんよ。
前の家から100m程しか離れてないけどね。
引っ越しからなんだけど、ウチの部屋のドアノブがカチャって鳴って開くようになった。
始めは風だろうとか、きちんと閉まってなかったんだと思ってた。
けど考えてみると、夜中の1~3時の間が一番多かった。
ウチのおかんは金縛りにあったりとか見たりとかする人なんで、聞いてみたんよ。
「夜中にドア開くんだけど?」
「あ~それはあれだ、鎧武者がうぉ~と声挙げて階段の方に行ったから、多分それだわ」
納得したくないけど、納得した。
ドアノブを廻すけど、部屋の中には入ってこなかったみたい。
近所の家にも鎧武者行ってたとか、おかんから聞いてた。
それがしばらくすると、ぴたっとおさまって、おかんも何も見なくなったって。
どうやら区画整理時に昔からあったお墓を何もしないで整地してたらしい。
それが原因だって、話になってた。
それでウチの裏の家がお祓いしたんだって。
それ以降、この現象は無くなりました。


出典:【閲覧】夏なので【注意】

話し手
父の話:kimuraお兄さん
大分のスナック・区画整理の後:evedata02

こういう話が好きな黒猫です(*ΦωΦ)y―~~
スポンサーサイト
噂を聞きました。
香川県のとある場所に人間魚雷【回天】が展示されている、と。
しかもそれは個人が作成したものであるという話。

これは見に行かなければならない!(何故だ?)
探しに行きました。(無駄な行動力だけはある)

噂によるとそれは国道沿いにあるとのこと。
ようやく見つけました。
IMGP0414.jpg(遠景1:すべての写真はクリックで大きくなります)
分かりますか?
見つけた方だけ以下の写真をご覧になれます(嘘)

肉眼でもわかりづらいねぇ。
も少しアップで。
IMGP0415.jpg(遠景2)
これなら見つけられるかな。

近寄ってみました。
IMGP0416.jpg

思ってたより大きい!
IMGP0417.jpg

これに乗って特攻をしてたのかと思うと、複雑な感情がわいてきます。

制作者、というか提唱者かな。
IMGP0418-2.2.jpg

一応名前は隠してみました。
個人のようですし、ここまで来た方だけ確認して下さい。

制作会社。こっちは出してもいいと思う。
IMGP0428.jpg

ニチエイスチールって、この近くで看板を見た気がする。

説明文
IMGP0419-2.2.jpg

内容はかなり吟味されてるもよう。
無駄な反戦文ではなく、経験者の語る重みみたいなものを感じます。

しかし14.5mの8.3tですか。
それで全幅1mですよ。
これに乗るのはかなりしんどいことですね。

回天については最近映画もありましたし、少しは知られてきてると思います。
詳しく知りたい方はwikiの回天のページを参照して下さい。

写真はもっとあります。
噂話の内容もあります。
場所についても少しだけ。
見たい方は「続きを読む」をクリックして下さい。
... 続きを読む
お寺巡りで敬虔な気持ちになった後、朝鮮の情報に触れるのは精神的に汚れる感じがして、遠ざかっていました。



嘘ですw
本当は「無双OROCHI」にはまってて、ついつい更新が遅れてたんです。
すいませんm(__)m


4月1日の朝日新聞に、「植民地時代の朝日新聞復刻」という記事が出てました。
植民地の朝日新聞、復刻 戦時下の10年分
ネットでは4月2日ですね。
これ自体は非常にいいことだと思います。
私も興味あるので読んでみたいですね。
で、気になったのがこれなんですよ。
CA5ZNV31.jpg

携帯で撮ったんで、ピントが甘くて読みにくいですが、内容はこうです。
〈おことわり〉文中にある「南鮮版」の「鮮」という呼称は、「朝鮮」の意味で、植民地時代に日本人が蔑称(べっしょう)として使った。「京城」は現在のソウルで、植民地時代に日本が使った呼称。いずれも不適切な言葉ですが、歴史的な名称として使いました。

この「おことわり」で、『鮮』がなぜ蔑称なのか、朝日新聞さんに聞いてみました。

最初に「この記事に対する感想を言い、大変いい資料なのでどこで読めますか?」という話から始め、5月に書店で発売されるとの返答を得ました。
で、おことわりについて聞いてみたんです。
簡単にまとめます。
「『鮮』が蔑称というのはなぜですか?」
「当時の社会的風潮として、朝鮮を見下しており、鮮と略称を用いて、蔑視する風潮があった」
「後から見れば、意識的ではないにしろ、蔑視する風潮の中でそういう言葉を使っていた」

「朝日新聞さんも朝鮮を見下して、南鮮という呼称を使ったのですか?」
当時の社会的風潮として云々、と同じお答え。突っ込んで聞いてみると、
「そういう風潮の中で朝日新聞もそういう呼称を使った」

「鮮という略称が蔑称なら、朝鮮自体も差別語になるのでは?」
「そんな論理をいう人は初めて聞いた。例えば、青山という人がいて、『あの山が』みたいな言い方をすれば差別語になる。それと同じで姓を普通に呼べば蔑称にはならない」
さっきまで『朝鮮を見下して』と言ってることを忘れてますねw

「植民地時代の日本人が、とわざわざ日本人と言ってるのはなぜか?今も昔も日本に住んでる大多数は日本人であり、わざわざ日本人とする理由がわからない。どこの国の人に向けて『おことわり』を書いているのか?」
「記事をそのままお読みください」の一点張り。
「そのような質問があったことを伝えます」との答えも。

ちと腹が立ったんで、
「朝日新聞さんは日本の新聞社ではないんですね?」と聞いたら、
「そのような偏見で見てる人の質問には答えられない」との回答がありました。


お答えいただいたのは40~50代の落ち着いた声の男性。
こちらが何か突っ込もうとすると、同じ主張を繰り返してこちらの質問を封じようとする姿勢もあり、場慣れしている感じでした。

もう少し練ってから聞いてみれば良かったかな、と後から考えるとさらに突っ込める回答だったので、少し反省。

結局のところ『鮮』といいう略称が蔑称だという朝日新聞の主張は、「後付の理由で、当時に実際にそういう意識が一般にあったかどうかは不明」なんですよ。
社会的風潮は現在と違い、当時は新聞社が形成に大きな一助を持っていたことに対して責任はあると思うか、と聞いてみれば良かったかなぁw

今回初めて電話してみたんですが、相手を煙に巻く論法はとてもうまいな、と感じました。
突っ込み始めると、質問に答えないというのは企業としてはまあ仕方ないとも感じますけどね。

最後に「楽しい詭弁ありがとうございました。今後も楽しい記事を期待しています」と皮肉を言って終わりました。





FC2ランキング人気ブログランキング

電凸って難しいな、と共感してくださったらクリックお願いします。
あなたは『常識』を知っていますか?
常識とは「ある社会で、人々の間に広く承認され、当然もっているはずの知識や判断力」です。
しかし、それを知らない人にとっては決して『常識』ではないということをご存じですか?
『常識』とは知っている人にとっては『当たり前』のことですが、知らない人にとっては『異常』なことかもしれません。
「常識を知らない」と他人を責める人は、実は「狭い社会」しか知らない人かもしれません。
今宵はそういうお話を集めてみました。
あなたの持っている『常識』、実は異常なのかもしれません。
 ストーリー・テラー 黒猫


第1話 「会うたびに…」
関東で飲食店を開いてる栗田さん(仮名)のお話。
栗田さん(仮名)の店はそれなりに流行っている。
常連のお客さんも結構な数がいる。国際色も豊かで、アメリカ人、中国人、韓国人、オーストラリア人etcと近所に住む方が大勢来る店である。
常連で、挨拶を交わす韓国人(女性)ができたそうです。
ある日のこと
栗田さん(仮名) 「いらっしゃいませ」
韓国人ソンさん(仮名) 「こんにちは」
栗田さん(仮名) 「ご注文は?」(あれ前と雰囲気違うような…)
ソンさん(仮名) 「○○と○○ね。」
栗田さん(仮名) 「はーい。ソンさん、何か前と感じ違いますね」(髪型かな?)
ソンさん(仮名) 「わかります?ちょっと韓国に帰ってたんですよ」
栗田さん(仮名) 「前も帰ってましたね。やっぱ故郷っていいですよね」(それにしても…)
ソンさん(仮名) 「うん。やっぱ美容整形は韓国が一番だから」
栗田さん(仮名) 「えっ…せいけい?」
ソンさん(仮名) 「そう、ソウルに安くて上手な美容整形外科があるんですよ。だから帰るたびにそこに行って整形してるんですよ
栗田さん(仮名) 「帰るたび……に?」
ソンさん(仮名) 「栗田さんにも紹介してあげますよ。私の紹介なら安くなるから」
栗田さん(仮名) (だから会うたびに顔が変わってるんだ…)


あなたは人の顔は年齢による変化はあっても、ずっと同じだと思いこんでいませんか?
その『常識』は ひょっとすると間違っているのかも知れません。
あら…いつの間にか私、白くなってますね。
これからは「白猫」と名乗らないと…
main.jpgSD13男の子「白猫クリス (White Cat Chris)」


第2話 「上司の指示は…」
とある消防署に勤める山岡さん(仮名)のお話。
山岡さん(仮名)はある現場に出動し、見事に任務を果たし、帰ってきました。
その時一緒に出動した隊長の指示で消防車を現場から少し離れた邪魔にならない場所に停め、消防車をそこに置いたまま現場活動に従事しました。それは道が狭いため、その消防車が近くにあると交通の邪魔になるということと、その時の活動に必要な装備などを積んだ車を現場のすぐ近くに持ってくるための処置、ということでした。
その判断が正しいかどうかは別として、山岡さん(仮名)は隊長の指示通りにしたそうです。
そして次の日、隊長のさらに上の上司富井さん(仮名)が話しかけてきました。
富井さん(仮名) 「なぜあんな離れた所に車を停めたんだ?」
山岡さん(仮名) 「隊長の指示です」
富井さん(仮名) 「なぜそんな指示をしたのかな?」
山岡さん(仮名) 「現場活動に必要な資機材を積んでなく、道が狭いため近くに置いておくと活動にも交通にも邪魔になるからだと思います」
富井さん(仮名) 「それは分かるが、消防車はすぐ近くに置いておくべきだろう。次に何かあった時に迅速に行動ができるように」
山岡さん(仮名) 「はあ…」
富井さん(仮名) 「それに隊長の指示があったとはいえ、消防車は運転手が駐車場所を選定すべきだ。君が判断すべきだったよ、山岡君」
山岡さん(仮名) 「えっ………!」(それはあなた(隊長より上の上司)の指示もきかなくていいということでしょうか…?)


消防に限らず、警察や自衛隊等、集団で行動する階級社会にとって、上司の指示は絶対であり、上司の指示の元、一丸となって行動することでより大きな成果をあげ、2次災害を防ぐことができる、と言われています。
一糸乱れぬ行動は美しいもの、とされています。
しかしその『常識』は本当に正しいのでしょうか?
ひょっとすると、個々人が自分の判断で正しいと思う行動を取った方が、さらに大きな成果をあげられるのかも知れません。
「上司の指示に従わなければいけない」という『常識』と「上司の指示を無視して自分で判断する」という『常識』…あなたはどちらの『常識』を持っていますか?
sairen002.jpg

消防車 「どけどけどけーい!邪魔だ邪魔だ、どけどけどけーい!」
奥さんA 「あら、またあの消防車、暴走してますわよ」
奥さんB 「ほんと迷惑ですわねぇ」


第3話 「だったらいったいいくつなんだ!!」
ある会社に勤める松川さん(仮名)の話。
松川さん(仮名)の上司は、松川さん(仮名)曰く「無能」だそうで、「ごますり」で出世した、と言われている。
何度も尻ぬぐいをし、手柄を立ててもその上司のものになる、ということを経験しており、当然のことながら嫌っている。
仕事上の付き合いしかしたくなく、仕事とはいえ2人だけになるのを極端に避けていた。
なのにその上司大原さん(仮名)は、松川さん(仮名)に嫌われているとは思ってない様子で、気軽に声をかけてくる。
そんなある日のこと、2人で出かけなければいけなくなった。部長の指示では仕方がない。
会社の車を松川さん(仮名)が運転し、大原さん(仮名)と2人で出かけることとなった。幸いなのは、出先に着けば、別々の用があるため、帰りは1人で帰れるということだった。
行きだけの我慢だ、松川さん(仮名)はそう思っていた。
案の定、大原さん(仮名)は気軽に、仕事と関係のない話ばかりしてくる。うんざりしながら適当に相づちを打っていた。
そういう時、大原さんがきいてきた。
大原さん(仮名) 「松川君、君もそろそろいい年だね。結婚はまだかね?」
松川さん(仮名) 「はあ、相手がいないものですから」(ほっとけ!)
大原さん(仮名) 「若いのにいかんなぁ。そういや君はいくつだったかな。もう30になるのか?」
松川さん(仮名) 「いえまだです」
大原さん(仮名) 「では28か」
松川さん(仮名) 「もっと上です」(まともに答えたくないから、こう言っとこ)
大原さん(仮名) 「だったらいったいいくつなんだ!」(怒声)
松川さん(仮名) 「(;・▽・)エッ?」


8の上は9、その上は10、あなたはそういう『常識』にとらわれていませんか?
「30歳より下で、28歳より上」という回答に対する答えは「29歳」と決まっているわけではないのです。
そう、あなたと違う『常識』を持つ人にとっては。
さて、黒猫はいったい何歳だと思いますか?
黒猫は3歳になっておらず、1歳より上です。
015949170000.jpg赤ちゃんにおくる絵本 3 ひとつ・ふたつ・みっつ


いかがでしたでしょうか。
あなたの『常識』はこのお話の中では通じているでしょうか。
あなたの持つ『常識』と登場人物達の『常識』、いったいどちらが本当の常識なのか、判断できますか?
あなたの持つ『常識』、疑って見ることが必要かもしれませんね。
( ゚∇゚)キャーハッハッハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

いずれまたこのようなお話を紹介できる日を、願っております。
パラララン♪パラララン♪パラララララン♪











これらのお話はすべて実話を元にアレンジしたものです。
信じるかどうかはあなた次第ですが…
ギィーッバタン
ストーリー・テラー 黒猫


FC2ランキング人気ブログランキング

応援クリックお願いします。
ある日、職場でマターリしている時のこと。

A 「○○で中国人が白菜ばっか盗っていくんで困っとるんじゃ」
聞き耳中の黒猫(朝鮮人だと思うんだがなー)
B 「□□にも中国人が住んでてね」
黒猫(うちの近所やないか)
B 「近くの野良犬が全くおらんようになってた」
B 「飼い犬の散歩中にすれ違うと、うるさい犬でも絶対に吠えかからんそうな」
黒猫(犬が脅えとる!)
A 「どこも一緒やのう」
B 「蛇も蛙も全部獲ってもうて、全然おらん言うてましたわ」
A 「なんでも食うんやなぁ」
B 「おたまじゃくしなんかこう(ざるで掬う仕草)全部獲っていくそうですよ」
黒猫(おたまじゃくしまで!そういやおたま寿司とかいうのがどっかにあるそうだが…)
A 「どうやって食いよんかのう」
B 「さあ」
A、B「アハハ」
黒猫(絶滅危惧種を救うにはまず中国人を隔離せなあかんのちゃうんかい)
B 「それと○○寺にいっぱいいる鳩を見てた中国人が、これ捕まえたらダメですかって聞いてきたんやって」
A 「ほんで?」
B 「日本では平和の象徴だからダメって言ったら、ものすごく残念そうな顔してたって」
A 「鳩なんかうまいんかのう」
B 「さあ」
黒猫「レース鳩とか山に住んでる鳩なんかうまいそうですよ。胸の筋肉が発達してるそうで」
B 「山鳩がおいしいんかな」
黒猫「そこらへんのドバトなんかはまずいらしいですけどね」
みんなで「アハハ」

そういや野良犬を見ることがめっきり減った黒猫です。
前はうるさいくらいにいたんですが…(´ヘ`;)ハァ

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
ニュースをまとめる前に軽いお話でしたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。