上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館ってなんでああも眠くなるんでしょうかね。
また行ってきたんですが、本を読んでるうちにどんどん眠くなって、1時間位読んでたんですが、そのままグーってなっちゃいましたw
んで希望したいのが、イスの改善。
もう少しゆったりといられるイスを入れて欲しいな。
寝椅子なんかあったら最高ですね。
そしたら図書館で昼寝するのが趣味になりそうですw


チャットや掲示板の韓国人を見てると良く思うんですが、彼らは事実を指摘されるとすぐに、差別だ、捏造だと叫びます。
差別と叫ぶことで、事実が隠蔽できるとでも思ってるんですかね。
<サッカー>「朴智星、君たちの国では犬を食べたろうが」…応援?嘲弄? 2007/2/7 中央日報
マンチェスター・ユナイテッド(マンU)ファンが作ったという「朴智星応援歌」に韓国と朴智星(パク・チソン)を卑下する内容があり、論議を呼んでいる。
8年目イギリスサッカーを取材しているアダム・マーシャル(ユーロスポーツサッカーチーム長)は最近、インターネットポータルネイバーに「マンUファンの愛がこめられた朴智星応援歌」というタイトルの記事を載せた。この記事は「朴智星がアストンビラ戦(1月14日)でゴールを決めると、この歌がマンUファンの間で歌われた。人種差別的な部分もあるが、自分の応援歌があるという点で朴智星はマンUファンから愛されている選手だ」と書いた。
昨年から広がっているこの歌は「パク、どこにいても君たちの国では犬を食べただろうが、庶民公共住宅でネズミを食うスカウズ(リバプールの田舎者)よりはましだ」という内容だ。
マンUの長年のライバルであるリバプールをちゃかす内容ではあるが「すべての韓国人が犬を食べる」とした歌詞だ。
マーシャル記者の記事には数百の書き込みがあり、ネチズンサイで論議を呼んでいる。
かなり多くのネチズンは「これは応援歌か」とし、イギリス人の人種差別と傲慢さを糾弾した
また「この機会にイヌ肉を食べる文化をなくそう」という側と「固有の食文化を自分たちの定規に捐下するな」という側が「イヌ肉論争」をした。
薛鉉(ソル・ギヒョン、レディング)も先月、アメリカESPNとのインタビューで「最近も人種差別的な掛け声などに苦しんでいる」と明らかにし、李栄杓(イ・ヨンピョ、トッテナム)も「イヌ肉」とかかわる応援歌が作られるなどの目に遭っている。


韓国人が「犬食文化」を持っていることは紛れもない事実。
このことに対して批判的な人が多いことも事実。
ところが何故か「韓国人は犬を食う」と言うと人種差別になる。
でね応援歌の内容だけど「韓国人が犬を食おうが、ネズミを食べる敵チームよりマシ」と言ってる。
これって「韓国人の犬食文化」をまあいいじゃないか、と認めてる内容ですよ。
どこが人種差別なのか私にはわかりません。

「犬食」は中国人もします。他にもベトナム等、犬食文化を持つ国(民族)は存在します。かつては日本でもあったそうだし、飢饉の時などは犬も食べられたというのは世界各地にあるそうです。(参照:Wikipedia
けどね、中国やベトナムが「犬を食べる」という非難に対して「差別だ」などと言ったという話は聞いたことがない。(私が知らないだけの可能性もありますが)
けど韓国人はすぐ「差別だ」と叫ぶ。
これは何故かと言うと、韓国人は自信がないんでしょうね。
確固たる文化があれば、異文化の者から何を言われようと気にしないものです。
例えば日本は「捕鯨・鯨食」に対して非難され、かなり締め付けられていますが、「鯨食文化」が恥だとは思っていない。
堂々たる反論というのが少ない気もしますが、少なくとも差別だ、なんて叫ばない。(実際の捕鯨反対団体のしてることは、日本蔑視の差別だとは思いますが)
えーと、何が言いたいかというと、「韓国人は外国から犬食を非難されるから、犬食は恥だ」と実は思ってるんじゃないか、と。
何故恥だと思うかというと、「自分たちの文化に自信がない」からではないかと思います。
けどやめられないので、非難逸らしのために「差別だ」と過剰反応している。
これも文化を持たない民族の喜劇悲劇です。

私個人は犬を食おうが猫を食おうが鼠を食おうが、それが民族の文化・伝統として続いているものなら、批判する気はありません。
ただ韓国の犬の扱い用に関しては批判的ですが。
「たたき殺して、苦しんで死んだ犬の肉程うまい」ってやつですが。
食物に対する感謝の念を持ってるなら、私自身は何を食おうが他民族の文化にケチつけませんが、朝鮮人にはそんなものないでしょうねw


ヨーロッパ入国時になぜ‘韓国人認証試験’? 2007/2/7 中央日報
昨年末、ロシアに留学中の韓国人5人が車でフィンランドに入国しようとしたが、検問所で1時間以上も調査を受けた。留学生らは「京釜(キョンブ)線の始発訳と終着駅は?」「韓国の首都は?」など韓国人確認用クイズ10問余を答えた後、ようやく入国できた。
同じ時期、英国留学中だったKさんはスイス・バーゼル空港で、職員からおかしなハングルの文章を英語に訳すよう求められた。Kさんは「韓国語がおかしい」と主張したが、職員は文章の解釈を要求し続け、30分以上も言い争いになった
ヨーロッパ国家で韓国人の入国審査が厳しくなっている。韓国人はヨーロッパのほとんどの国をビザなく出入りできる。このため不法入国を狙った第3国人が偽造韓国旅券を所持する犯罪が増え、韓国国民が被害を受けている
韓国人がフランスから船で英国に入国する場合、出入国管理所で入国目的と職業・年齢・韓国の住所・滞在日程はもちろん、英国内ホテルの住所や電話番号まで質問される。友人の家で宿泊すると言って入国が拒否されたケースもある。
ほとんどの旅行客が旅券の写真確認だけで通過するのとは対照的だ。バーミンガムなど英国の一部空港では韓国旅券所持者を相手に韓国語理解力を測定したりもする。特に、低価格の航空便や船便に不法入国者が多く、集中調査を受けるケースが多いという。


前にも似たような記事があったことを記憶してます。
これ実は2つの目的があるんじゃないですかね。
①簡単に偽造できる韓国のパスポートを信用していないための国籍確認
②韓国人による犯罪の予防・犯罪があった時の対応用
でないと宿泊先の確認まではしないと思うんですけどね。
本当の目的はなんなんでしょうかねぇw


パク・ジニョンが挑発提案「韓流のレッテル剥がさねば」 2007/2/7 中央日報
 --韓流にそのような性向がそんなに濃いのか。
「最初は別に形態もなかった韓流が、なぜ民族主義的な性向を帯びながら『韓国万歳』になったのか分からない。マスコミが韓流を「日本征伐」「中国征服」式に扱えば外国で反韓流気流が形成されるものだ
--マスコミの責任なのか。
「政界も同じだ。これらは大衆芸術を文化的疎通として見ないで、民族主義のフレームの中に入れて自分たちの立場を強化させようとしている。韓国社会には民族主義で暮らす人々があまりにも多い
--韓流が注目されるのにはマスコミが多くの役目を果たさなかったか。
「最初はもちろんそうだった。しかし今、政界とマスコミは我々(大衆芸能人)に役立つどころか水を差している」
--外国の反韓流感情は深刻な水準なのか。
「他の国の放送、公演関係者たちとともに仕事する場合が多いが、そんな感じが思ったより強い。まだ韓流が強いから仕事があるが、少し弱くなればすぐにも深刻になると感じている。私たちのような人々は政治的な論点とは関心ない。日本や中国で公演をして自分の歌がたくさん売ればいい。ここにやたらと大韓民国を強調されては困る
--韓流で民族主義性向を拭い去ろうとするにはどうすればいいか。
「何より国民意識が変わらなければならない。昨年、ピの海外公演のとき、こんなことがあった。中国公演時のピに中国伝統服を着せてカンフーを組み合わせたダンスをさせようと思った。するとネチズンたちが立ち上がった。どうして韓国の自尊心を捨てて中国のを真似るかというのだった。こんな狭い考えではいけない」
--韓流はこれからどうしなければならないと思うか。
韓国社会はまだ多様性が小さく画一性が強い。韓国的なテーマから脱してこれから韓国的な性向を帯びていない多様なテーマを盛り込まなければならない。そうではなければ生き残れない
(一部抜粋)

民族主義と批判してることは評価しますが、言ってることはなんかおかしい。
結局主張したいのは、「韓国なんか関係なしに金儲けがしたい」ってことじゃないんですかねぇ。


在仏韓国人弁護士、外奎章閣図書の韓国返還求め提訴 2007/2/7
 フランスで活動している韓国人弁護士のキム・ジュンホさん(41/フランス法務法人アレリオン)が9日、民間レベルで外奎章閣図書(江華島に置かれた資料庫の図書。1866年にフランス軍が一部の蔵書を略奪した)返還訴訟をパリ行政裁判所に提出する。
 今回の提訴は、MBCの娯楽情報番組『! 感嘆符』制作陣や市民団体・文化連帯の要請を受け、キム弁護士が昨年9月から準備を進めていたもの。
 フランスの司法手続きに従い、キム弁護士は昨年10月、フランス文化省に外奎章閣図書の返還を要求する公式書簡を送った。この書簡に対し、先月フランス文化相が返還拒否を通知してきたのを受け、9日に郵便でパリ行政裁判所に訴訟を提出することにした。キム弁護士は訴状で、「フランス文化相が通知した返還拒否決定を取り消し、外奎章閣図書を国有財産から外して大韓民国の国民に返還すること」を要求している。
 キム弁護士は「フランスの法律によれば、国有財産は譲渡ができないことになっているが、一介の海軍提督が略奪した大韓民国の国有財産をフランスの国有財産に編入した行為自体、法的に矛盾している」と主張した。
 またキム弁護士は「今回の訴訟は客観的かつ歴史的な事実と法律に訴え、民間レベルで韓国の文化財を取り戻そうとする努力の一環として行われる。フランスの法体系上、判決が出るまでに2、3年かかる困難な法廷闘争になるだろう」と説明した。


今日の馬鹿ニュースw
大韓民国の国民に変換すること → 国有財産を個人所有にしろということですか?
大韓民国の国有財産 → 1866年に大韓民国はありません。また韓国は李氏朝鮮の後継政権でもありません。
長白山問題で中国に喧嘩売ってるし 、今度はフランスが相手だし、なんかもう見境がなくなってるようですね。
それもこれも日本が今まで甘やかしすぎたせいかもしれません。
あーやだやだC=( ̄o ̄;;)ハァー




FC2ランキング人気ブログランキング

応援クリックお願いします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。