上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近少しモチベーションが下がってるみたいです。
どうも特亜のニュースに触れても、驚きも新鮮味なく、「ああ、またか」か、力なく笑うかになってます。
ニュース以外のことを書こうにも、どうもまとまらない。
悪循環ですかねぇ。

軽いニュースでもお楽しみ下さい(´ヘ`;)ハァ


日米など5カ国、中国抜きで9月海上軍事演習実施へ 2007/7/14 朝鮮日報
 インド、米国、日本、オーストラリア、シンガポールが今年9月、空母3隻を含む各国艦船による合同海上軍事演習をベンガル湾周辺で実施する、とインドの英字紙ヒンドゥーが安全保障担当高官の話として13日報じた。今回の軍事演習は中国抜きで行われるため、中国政府にとっては周辺国が中国封鎖戦略に乗り出すとの懸念を抱かせることなりそうだ。
 同紙によると、今回の演習には米国の原子力空母2隻とインドの空母1隻を含む艦船20隻、戦闘機80-100機が参加するという。演習計画は今年初めに浮上し、6月に参加国が開いた会議で具体化された。
 こうした動きは、日米豪など主要海洋国と最近緊密な関係を築いてきたインドの動きをけん制してきた中国にとって、大きな圧力に(と)なる見通しだ。6月の会議でインドとオーストラリアは「安全保障と防衛が会議の議題ではないことを保証する」と強調したが、中国は公式外交ルートを通じ、会議の目的を明らかにするよう求めるなど、神経質な反応を見せた。このためインドのメディアは、中国を刺激しないよう、ロシアや中国に近い太平洋近海ではなく、ある程度離れた場所を演習先に選んだと報じた。
 ヒンドゥー紙によれば、インド付近の公海上で大規模な海上演習が実施されるのは異例なことだという。なお、今回と同様の合同演習が2005年にもインド南部のマラバル海岸で行われ、米空母ニミッツとインドの軽空母ビラートが参加した。


えーと、記事は初っぱなから間違ってます。
確かインドは違ったと思いますが、シンガポールも違うけど協力国で、残り3ヵ国はアメリカの同盟国です。
で、その中に中国の同盟国はいるのかな?
少し調べた限りではいないようです。
ということはだ…中国抜きになって当たり前じゃないのヽ(´・`)ノ フッ…(笑)
インドなんか中国を敵視してるのにねぇw
ここに中国が入る方がおかしい。
本来なら「韓国抜きで」と書きたかったんじゃないでしょうかねw


韓国の研究チーム、人口冬眠させたヒラメの水なし空輸に成功 2007/7/14 朝鮮日報
 韓国海洋研究院(京畿道安山市)の海洋環境特性研究事業団のキム・ワンス博士(47)の研究チームはこのほど、人工冬眠させた済州島産ヒラメを米国に輸送する実験に成功した。同研究チームは今月4日から8日にかけて、2回にわたり重さ2キロの済州島産ヒラメ40匹を人工冬眠させ、水なしで包装し、韓国・安山から米ロサンゼルスとサンディエゴの流通業者まで20-23時間かけ、生きたまま輸送した。今回の試験では、40匹のうち32匹が生存していた
 通常ヒラメはえらと皮膚の両方から水中の酸素を取り入れる。ヒラメは水温が5度以下になると呼吸速度が遅くなり、生命維持に必要な機能以外のすべての活動を停止する。人工冬眠状態に入ると水がない状態で皮膚呼吸が止まり、えらだけで呼吸し、最長30時間生きられる。
 キム・ワンス博士は「ヒラメがどれくらいの温度で冬眠し、どれくらいの温度で目覚めるかを調べるため、数多くの実験と試行錯誤を繰り返した末、冬眠状態に入る最適温度を見つけ出した」と説明した。
 研究チームによると、米国現地に到着したヒラメを通常の活動温度に設定した水に入れたところ、徐々に冬眠から覚め、ひれの状態、色合い、呼吸などがすべて正常な状態に戻ったという。人工冬眠の方法を使えば、最低魚の重さの1.5倍の海水が必要な既存の輸送方式とは異なり、海水が必要なくなるため、輸出時に航空運賃を大きく節約することができる見通しだ。
 研究チームは、マグロなど他の高級魚にも同じ技術を応用できないかどうか研究を続ける計画だ。
 しかし、趙永済(チョ・ヨンジェ)釜慶大食品工学科教授は、「人工冬眠方式はえら呼吸が重要で、ヒラメのように平べったい魚でえらが上に寄っている魚にのみ適用可能だ」と主張する。趙教授は1997年に韓国食品研究院と共同研究チームを結成し、今回発表された方式と似た水温でヒラメを冬眠状態にすることに成功し、海洋水産部に研究報告書を提出している。趙教授は「当時の研究は実験室で行われたが、水なしで36時間生きていた」と話した。


この記事見た時に、なんか聞いたことあるなと思いました。
でググってみると………
「ヒラメ活魚」の無水冬眠試験 大青工業のHP
氷温効果:現在36時間の無水冬眠試験に成功しており、今後は保存期間の延長及び味の向上を図り3日間の無水冬眠を目標としている。この成功によって将来は無水輸送が可能となり輸送コストの大幅削減が期待される。

………………大威張りで発表していいのかなぁw
えとこの会社の実験がいつ成功したのかはわかりませんが、HPの更新は2004/3/5で止まっています。
ということは、少なくとも3年前には日本では36時間に成功していたということになる。
現在はどうなのでしょうね。
パクリ?
それとも技術提供?(共同研究とは思えないw)
まあ他国の技術を調べてから言えってやつですな。


「あなたも太極旗のフェイスペインティングしてみる?」 2007/7/13 朝鮮日報
058758382299299554.jpg  678541567160541527.jpg


キモいし、怖いわ!
今日の写真でした。



台風4号の被害がありませんように(-人-)ナームー...



banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。