上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オフ会時に「メッコール」という韓国産飲料を手に入れました。
酔っぱらってすっかり忘れてましたw

木村お兄さんから「それだけはやめとけ」と怒号を受けたかの飲み物…そのうち報告します。


安倍首相、お坊ちゃんコンプレックスの結果は…(上)
 安倍晋三内閣の支持率が30%を割り込んだ。政界では支持率30%は権力維持の最低ラインを意味し、それ以下になると政権内部で後継論議が始まる。安倍内閣は去年9月にスタートしたばかりだ。発足当初の支持率は60%を超えていた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権初期のペースを思い出させるような支持率の急落ぶりだ。
 思想的には正反対だが、安倍首相と盧大統領は共通点が多い。国民の人気を得て再び失うプロセスも良く似ている。盧大統領を思い起こしながら安倍首相を振り返ると、正反対の立場にある指導者がなぜこのように多くの共通点を持つようになったのかが分かる。
 支持率が下がると日本で最初に出る言葉が「やはり」だ。「心配していた通りに進んだ」ということだ。政界やマスコミが同じ反応を示す。
 安倍首相はかつて「政界のプリンス」と呼ばれていた。現在は支持率低下でその光は失われつつあるが、その家系には岸信介元首相(外祖父)、安倍晋太郎元外相(父)など高名な政治家が名を連ねている。安倍首相はそのおかげで総理になったといっても過言ではない。そのため安倍首相は「お坊ちゃん」とよく言われる。名家出身で自然に宰相にまでなったということだ。しかし、日本人は疑いを持ちながらも「首相になったからには何かするだろう」と期待していた。
 安倍内閣の支持率が最高潮に達したのは首相就任直後に中国と韓国を続けて訪問した時だった。靖国神社参拝を支持する屈折した歴史観と偏った外交観を克服したと受け入れられたからだ。
 しかしそれ以上に発展することはなかった。安倍首相の「お坊ちゃんコンプレックス」は盧大統領の「成功一代記コンプレックス」のように自らを押さえつける心理的ハンディキャップとして作用している。種類は異なるが、「青二才政治」「意固地な政治」として現れる結果は良く似ている。


安倍首相、お坊ちゃんコンプレックスの結果は…(中)
◆マスコミとの対立
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領のターゲットは朝鮮日報だが、安倍晋三首相の相手は朝日新聞だ。危機に追いやられるほどに朝日新聞を必ず名指しで批判している。
 「数週間前に朝日新聞が“安倍首相が公務員制度改革を放棄”と1面トップで報じた。なぜこのような過ちを犯すのか。それは改革に抵抗する官僚に取材したからだ」(6月30日の演説)
 「完璧な捏造だ。わたし(安倍首相)についてなら何を報じても良く、捏造でも良く、操作してもよいという考えをもし朝日新聞が持っているのであれば、恐ろしいことだ」(5月18日の記者会見)
 朝日新聞の政治記事の誤報と朝日系列週刊誌の疑惑報道について安倍首相が発言した内容だ。安倍首相は日本軍「慰安婦」問題についても「朝日新聞の誤報のせい」と引続き主張してきた。首相が公式の場で特定の報道機関を取り上げて批判するのは、理由はともかく日本の歴史から見て首相の格に合わないことだ。
 安倍首相が朝日新聞を批判するのは、朝日新聞が自らの政権基盤である保守右派の対立軸にあると認識しているからだ。それが事実であるかどうかに関係なく、結果的に朝日新聞は安保・歴史・政治・経済など事あるごとに自民党の保守右派とは正反対の立場を主張してきた。安倍首相の外祖父である岸元首相は自民党保守勢力の元祖であり、安倍首相自身はその後継者だ。
 しかしマスコミに対するその批判的な姿勢は朝日新聞だけに向けられているわけではないようだ。就任直後には1日に2回だった記者会見が1回に減った。首相官邸記者室の掲示板には当時の記者室名義で官邸に提出された抗議文が今も張り出されている。記者会見の時に記者を見ていた視線も最近はテレビカメラに向けられている。これは「記者に話すのではなく国民に直接話しかける」という根深いマスコミ不信を反映している。
 一方、テレビに自らの姿を映しだすパフォーマンスには熱心だ。美人アナウンサーとゴミ拾いイベントに参加したり、娯楽番組に登場してアーチェリーの実力を見せ付けたり、ラジオ番組に出演して有名な司会者と談笑するなどのパフォーマンスを行っている。
 ある日本人記者は「保守派が政権をとっても50年間憲法を改正できなかったのは、野党はもちろんマスコミのせいだという認識が根深いようだ。マスコミにやられてばかりはいられないという強迫観念が首相の立場をより狭めている」と述べた。
◆事情が分かっていないブレーン
 米国下院の日本軍慰安婦決議案採択を前に、日本ではコメディーが起こった。すでに報じられているように「日本には責任がない」という内容の広告をワシントンポストに掲載し、決議案の通過を前倒しさせるという副作用を生み出したのだ。
 この広告には岡崎久彦前タイ大使やジャーナリストの桜井よし子氏などの名もあった。2人は「安倍首相の師匠」といわれている。安倍首相が4月に米国を訪問した時には慰安婦問題に謝罪の意を表明しながらも「20世紀は人権侵害の時代」という意味のない発言で副作用を生み出したのも岡崎氏の助言があったからだ。
 岡崎氏は6月の講演でこの言葉について次のように説明した。「20世紀には中国で数千万人が殺害された。スターリンによる粛清も数百万人、米国による広島と長崎への原爆投下や英国によるドレスデン爆撃もあった。慰安婦程度は問題にもならない」
 しかし安倍首相の信任は変わらない。安倍首相が米国訪問のような重要な外交舞台に立つ前に必ず助言を求めるのが岡崎氏だ。彼らの言うことばかりを聞いていると、首相から閣僚までが社会の認識とは異なる決定的な失言を繰り返す。先月末に久間前防衛省が「原爆は仕方がなかった」と発言したのも「日本の核武装論を正当化する発言」と受け取るマスコミもあった。政権内部の志向性があまりにも右傾化しているからだ。


安倍首相、お坊ちゃんコンプレックスの結果は…(下)
◆身内ばかりをかばう態度
 マスコミとの対立や歴史発言が直接支持率低下の原因となったという証拠はない。最近の支持率低下の直接の原因は年金記録問題や閣僚の政治資金問題であるというのは報じられている通りだ。
 しかし世論調査の内容を良く見ると、事件そのものよりも事件を扱う首相の対応に国民は大きな不満を持っていることが分かる。朝日新聞の世論調査によると、年金問題への対応が「十分ではない」という回答が78%、政治資金問題に対する首相の対応が「適切ではない」という回答が69%に達した。では、安倍晋三首相のどのような態度が問題だったのだろうか。
 安倍首相は最近、年金関連法案を野党の反対にもかかわらず与党単独で通過させた。「審議が足りない」という世論を無視したのだ。しかし国民をより失望させたのは「世論に負けない」と終始一貫して仲間をかばった態度だ。
 例えば久間前防衛相の「仕方がない」発言も当初は「米国の立場について話したもの」として大した問題ではないと乗り切ろうとした。しかし被爆地域やマスコミ、野党からの批判が続くと今度は久間氏を首相官邸に呼び「厳重警告」で始末をつけようとした。すると与党内から「これでは選挙で惨敗する」という悲鳴が聞こえはじめ、その一週間後に久間防衛相を更迭した。その後はショーにでも出演しているかのようにアナウンサー出身の女性補佐官を防衛大臣に任命した。松岡利勝農林相の自殺騒動でも「世論と野党には負けない」という首相の意固地さが生んだ悲劇との見方が日本人の間に根強い。安倍内閣の支持率急落はこのように世論を柔軟に受け入れられない硬直した姿勢に原因があるのだ。
◆改革強迫症
 安倍首相が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と最も似ている点は「必ず何かを成し遂げなければならないという強迫観念」だ。業績を作るのは悪いことではないが、無理に推し進めて意固地になると国民は嫌気がさす。
 安倍首相の場合、憲法改正と教育改革を強く推進している。政権が発足して1年にもならないのに憲法改正の前段階となる国民投票法、教育基本法と教育関連三法、公務員改革法など重要法案が国会で通過した。ほとんどが野党の反対にあっている中での通過だ。
 その中には日本社会に本当に必要なものもあるが、そうでないものもある。必ず今必要なことでもなく、後からでも十分なものもある。問題は首相官邸を中心にマスコミや野党はもちろん、官僚までを排除して革命でも行うかのように押し切ろうとする安倍政権の態度だ。首相官邸の補佐官には安倍首相と考え方を同じくする右翼386が取り巻いている。盧大統領や大統領府が各種委員会で国政を思いのままに操ろうとするのを思い起こさせる。
 憲法改正と教育基本法改正は外祖父である岸元首相の念願であり、公務員改革は自らを首相の座に座らせた小泉前首相の遺業だ。
 酒の席で会った自民党のある国会議員は「政権がスタートして1年は安倍首相が“お坊ちゃんコンプレックス”から抜け出せていないことを証明したようだ」と述べた。安倍首相の後を狙う自民党の麻生太郎外相や民主党の小沢一郎代表も同じく、政界のお坊ちゃんだ。しかし彼らはビジネスでの長い経験や政治家としての経歴でコンプレックスを完全に克服した政治家として評価されている。ただし最近流行語にもなっているように国民の「親しみが沸かない」外見は安倍首相に劣る。そのため安倍政権が選挙で敗北してもしばらくは続くのではないかとの見方も強い。


(上)
妄言を垂れ流すノムたんと政界の主流として育ってきた安倍ちゃんと一緒にする時点で間違ってます。
ひょっとすると、安倍ちゃんにかこつけてノムたん批判をしてるのかもしれませんがw
(中)
マスコミとの対立ってw
朝日新聞は嘘とミスリードの常習犯で、そういうのが日本のマスコミの主流になっているのが問題点。
慰安婦問題に至っては、嘘ばっか書くなとしか言えん。
(下)
お坊ちゃんコンプレックスって一体何?
読んでもよくわからないんだが。

ああ、なんかまともにコメントする思考能力が今現在ないや。
読む人に丸投げする。


北朝鮮、体温37度以上の外国人入国禁止=時事通信 2007/7/17 朝鮮日報
 北朝鮮当局が体温37度を越える外国人の入国を禁止したと、時事通信が16日に報じた。
 時事通信によると、中国国家品質監督検査検疫総局はこの日、北朝鮮の措置により、体温が37度を越える場合には北朝鮮に入国できないとし、中国国民に対し注意を喚起した。
 北朝鮮側はまた、体温が37度を越える外国人がすでに入国している場合にはただちに隔離の措置を行なっているとも伝えられている。
 こうした措置に対する理由は明らかになっていない。しかし現在、北朝鮮では「はしか」が流行していることから、外国からの新たな伝染病の流入を防止する目的があるものとみられている。


(・0・)
Σ(・ω・ノ)ノ!
病気はすべて外国人のせいですか、そうですか。
いっそのこと国境封鎖して、すべての外国人追い出して、一切の輸入を禁止して、人民が国外へ出ること禁止しなさいな。
鎖国すれば無問題、だよ。


前に紹介したヒラメの氷温輸送に成功とかいう記事ですが、続報があったようです。
どうやら2chで取り上げられて、慌てて記事を出したもよう。
今日の韓流通信さんのところで紹介されてます。
【シモ朝鮮】「世界初の魚冬眠技術」~朝鮮では10年前から研究、日本では既にありふれた技術
なんか記事内容もグダグダいいわけっぽいw





現在やる気減退中………なんだかなぁ(´ヘ`;)ハァ



banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。