上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四川大地震は甚大な被害を出しているようです。
犠牲者のご冥福を、そして今なお瓦礫の下で苦しんでいる方の一刻も早い救助を願います。

2ちゃんねるの地震関連スレを少し覗いてきましたが、ちとひどいですね。
本音に関してまで注文はつけませんが、建前だけでも人の死を喜ぶようなことはいけないと思います。

まあ例えは悪いんですが。
天災による死者発生を喜ぶのって、朝鮮人が原爆投下を嬉しそうに語るのとかわらないと思うんですよ。
阪神大震災時に「天罰だ」と喜んだ朝鮮人と同じにはなりたくないものです。

さて、日本政府は早速援助要請をだしたようです。
中国に5億円の緊急支援、高村外相が正式表明 2008/5/14 読売新聞
 高村外相は13日、中国・四川省で発生した地震の被災者救援のため、日本政府として約5億円相当の緊急支援をすると正式に表明した。
 中国政府の要請を踏まえたもので、復興支援にあてる緊急無償資金協力のほか、毛布やテントなど物資の供与も含まれる。
 現地では、多数の被災者が生き埋めになるなど被害の全容がなお把握できておらず、外相は記者団に対し、「当面の支援だ。被害が拡大すれば、また(追加支援を)考えることもありうる」と説明した。
 一方、政府が準備を進めていた国際緊急援助隊など支援要員の派遣について、中国政府は13日夜、「要員の派遣は当面必要ない」と正式に連絡してきた。これを受け、総務省や国土交通省など関係省庁は派遣準備を取りやめた。政府は「中国から要請があればいつでも派遣する」(外務省)としている


支援・援助に関して文句を言う気はない。
けど現段階で「資金援助」ってのは問題ありと考えます。
この記事では「要員の派遣は不要」ってありますけど……

四川大地震:「人的援助受け入れ困難」…救済局長 2008/5/14 毎日新聞
 中国・四川大地震で民政省の王振耀救済局長は13日、国際社会の援助の申し出に「十分感謝している」と謝意を示す一方、現時点では資金や物資の受け入れは歓迎するものの、国際救援隊など人的援助を受け入れる態勢にないと表明した
 王局長はこの日の記者会見で、日米英など多数の国や国際機関から資金や物資の援助の申し出などがあったことを紹介。「我々は国際社会の惜しみのない援助に非常に感謝する」と述べ、「直ちに資金や物資を受け取り、被災地に送る」と表明した。
 だが、国連や国際機関による国際救援隊派遣の意向については「深く感謝する」としながらも、「被災地に入るのが非常に困難で、今のところ救援隊の入国や被災地への案内を設定するのは難しい」と説明。「条件が整えば我々から積極的に連絡する。中国外務省が民政省や地震局など関係部門と協力して(受け入れを)設定する」と強調した。
 援助の受け入れをめぐっては、サイクロン被害を受けたミャンマーの軍事政権が外国から救援資金や物資だけを受け取り、救援要員の入国をほとんど認めず、国際的な批判にさらされている。
 中国政府は76年の唐山地震の際、「自力更生」を名目に国際社会の救援活動を拒否する一方、他国には災害援助を続けてきた経緯がある。今回も資金・物資の受け入れは表明しながら、自力更生の原則を堅持することで国内の結束を内外に示す考えとみられる。
 サイクロン被害に遭ったミャンマーの軍事政権は、外国の救援要員受け入れを拒否し、国際的な批判にさらされている。中国は受け入れ態勢の不備を前面に押し出すことで、ミャンマーのような閉鎖的イメージを回避する考えとみられる


なんかおかしい。
こんな記事も。
人的支援に中国は難色 チベット問題影響? 中国・四川大地震 2008/5/14 西日本新聞
 中国・四川大地震による被災者救援で、中国政府は海外からの支援申し出に謝意を示す一方で、人的な支援受け入れに難色を示している。人民解放軍や武装警察部隊を既に5万人以上投入しており、道路寸断で現地入りが難しいためと説明している。一方で、被災地がチベット民族が多く居住する地域だけに「観光客以外の外国人の出入りを嫌がっている」との見方も出ている
 中国外務省は13日、海外からの支援の申し出について、秦剛副報道局長が「心から感謝と歓迎の意を表明する」と述べ、援助を積極的に受け入れる考えを強調。各国との連絡窓口を設けたことを明らかにした。
 だが、民政省の王振輝災害救済局長は同日、国際救援隊など人的支援について「われわれにとっても道路の不通が大きな障害だ。条件が整いしだい各国に連絡したい」と述べ、現時点では被災地に受け入れる環境でないことを説明した。
 しかし、震源地の四川省はチベット民族が多く、3月のチベット暴動にからみ政治的に敏感な問題をはらむ地域だけに、「外国人の支援要員を受け入れたくないというのが本音ではないか」(外交筋)との見方もある


これはこれで、チベット問題を絡めすぎだと思うが、大分ニュアンスが違います。

人的援助ってあれでしょ。
マスコミじゃないでしょ。
ハイパーレスキューとか、医師団とかそういうのでしょ。
道路事情に問題あるのなら、それこそ軍の輸送部隊を使えばいい話で。
救助しなければいけないという意思があるのかどうか疑問に感じてしまいます。

加えて救援物資ですが。
ざっと考えると、食料・寝具・仮設トイレ・医療医薬品なんかが必要ですね。
現段階での資金援助って、不要とは言わないけど、何かが違うって感じる。
中国に必要な物資が必要分あるのならまだ分かりますが、かの国の情報に接してると甚だ疑問であり、安全性への疑念は捨てられない。
まずは「物資のみ」だと思うんです。
どうせ便乗値上げは必須だし。

どうもこと対中国に関する限り、疑ってかかる習性がついてるようです(´ヘ`;)ハァ
まあ、言わなくてもわかると思うので、言いませんけど。

今後の中共政府の対応如何では、北京五輪にも影響が出るかな、とか思うけど、どうでしょうか?

関係ありませんが。
NHKで支援表明の会見を見ました。
その時とんでもないアホがいました。
自衛隊の派遣は検討されてますか?」って質問してたんですよ。
どこの記者かまではわかりませんが、やはりN○Kじゃないんですかね。
さんざん自衛隊の海外派遣を非難しておいて、中国様が相手だと自衛隊でも何でも出して、助けるべきだって聞こえました。
私の耳が悪い?w
それ以前に、中国が他国の軍隊受入を喜ぶはずないだろうが、と。
質問者の馬鹿さ加減にあきれると同時に、その程度のことも理解できない連中が情報提供しているという現状が怖くなりました。

…………だんだん何が言いたいのやら、自分でもわからなくなってきたw








banner_02.gif e_01.gif

最近混乱気味の黒猫に応援クリックよろしゅうにm(__)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。