上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は別のことを書こうと準備してたんですが、到底見過ごせないニュースが飛び込んできました。
もうね、韓国系ブログはこの件のみになっちゃうんじゃいかと思うくらい、大きなニュースです。

警察、盧前大統領が死去と正式発表 2009/5/23 朝鮮日報
 慶尚南道警察庁は23日午前、盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が死去したことを正式に発表した。
 同警察庁によると、盧前大統領は同日午前6時50分ごろ、自宅裏のポンファ山に登り始めたが、がけから転落、金海セヨン病院に搬送された。そこで心肺蘇生(そせい)措置を受けた後、釜山大学梁山病院に移送されたが、到着直後の午前8時50分ごろ亡くなったとのことだ。盧前大統領は頭部に重傷を負っていたという。
 盧前大統領は補佐者一人と一緒に山に入ったとのことだ。
 警察は、転落死なのか自殺なのかについてはコメントしていない。


ノムたん(´っω・。`)
ご冥福をお祈りします。

さて、事故か自殺かいろいろ取りざたされているようなので、関連記事を見てみました。

盧前大統領、遺書を残し自殺か 2009/5/23 朝鮮日報

遺書があるってことは、つまり(^◇^;)タラーリ

盧前大統領夫人、遺体確認後に失神 2009/5/23 朝鮮日報

お気の毒としか言いようがありません。

元秘書室長、盧前大統領の死についてコメント発表 2009/5/23 朝鮮日報
盧武鉉前大統領は本日午前6時45分ごろ、ポンファ山に登っていた際、岩から飛び降りたものとみられる。
 直ちに近くの病院に搬送されたが危篤状態で、釜山大学梁山病院に移送されたものの、先ほど午前9時30分ごろ逝去された。
 (前)大統領はご家族あてに短い遺書を残しておられた。」
(コメントのみ参照)

この人が一緒に山に行ったのかな?
違うのかな?
まだわかりません。

大統領府「李大統領、ショックで言葉失う」 2009/5/23 朝鮮日報

どういう意味でショックを受けたのか知りたいところ。
いろいろ深読みはできますね(*ΦωΦ)y―~~

政界ロビー:盧前大統領関連の捜査打ち切りか 2009/5/23 朝鮮日報

これで数々の嫌疑の真相は闇の中ってことになりそうです。

盧前大統領、直接の死因は頭部外傷=釜山大学病院 2009/5/23 朝鮮日報

頭部外傷、頭部外傷かぁ……それにこれだけの外傷があるとなると。
いろいろ深読みしすぎたくなる黒猫です。

盧前大統領の遺書、一部公表 2008/5/23 朝鮮日報
「これまでとてもつらかった。ほかの人々にもつらい思いをさせてきた。本を読むこともできない。恨まないでもらいたい」
「生と死は一つではないか。火葬してほしい。村の周辺に石碑を建ててほしい」
「息子や娘、支持者の方々にも本当に申し訳ない。退任後、農村に戻り余生を送ろうと思っていたが、うまくいかず、誠に遺憾だ」
「お金の問題に対する批判が出ているが、この部分についてはクリーンだった。わたしに対する評価はいずれ、歴史が明らかにしてくれるだろう」
(一部抜粋)

うーん、コメントしずらいな。

盧前大統領死去にまつわる動き 2009/5/23 朝鮮日報

まあ、これはどうでもいいか(*ΦωΦ)y―~~

盧前大統領のHP、アクセス殺到しダウン 2009/5/23 朝鮮日報

いや、まあ気持ちは分かるが。
しかし、どんなコメントが残ってるのか、少し気になります。

盧前大統領の死をいたみ弔鐘響くポンハ村 2009/5/23 朝鮮日報
「検察とメディアが盧前大統領を殺した」
「盧前大統領を守ってあげられなくて残念だ。メディアと検察は前大統領を殺した責任を取るべきだ」
(一部抜粋)

やっぱりこういう発言は出てきますか。

盧前大統領、転落直前の発言が明らかに 2009/5/23 朝鮮日報
「あの下の方を人が歩いている」といった直後に転落
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領は死の直前、山に随行した警護官に「たばこはあるか」と尋ね、警護官が「ありません。持ってきましょうか」と言うと、「大丈夫だ。その必要はない」と答えていたことが分かった。政府関係者が明らかにした。
 この政府関係者は同日、「盧前大統領に随行した大統領府の警護部署関係者の報告に、こうした内容が含まれていたと聞いている」と述べた。
 さらにこの関係者は、「盧前大統領は警護官に“あの下の方を人が歩いているな”と語りかけ、警護官がその方向を見た瞬間、転落したものとみられる」と語った。


これだけ見ると、事故とも取れますが、はたして真相はどうなんですかね。

警察、血の付いた盧前大統領のジャンパー発見 2009/5/23 朝鮮日報
 慶尚南道地方警察庁は23日、「盧前大統領は自宅裏のポンファ山にある“ミミズク岩”から飛び降りた」と発表した。同警察庁は、現場から靴1足と血の付いたジャンパーを発見したとのことだ。
 ミミズク岩は盧前大統領の自宅から直線にして約200メートルの距離、海抜約100メートルの地点にあり、約40度というかなり険しい傾斜を登らなくてはならない。昔、この岩にミミズクが多く生息していたことから、地元では「ミミズク岩」と呼ばれている。
 ミミズク岩の右側に立つと、足元に切り立ったような絶壁が20-30メートルほど広がっている。ポンハ村で「獅子岩」とも呼ばれているポンス台(海抜130メートル)からは約440メートル離れており、ポンファ山浄土院からも約250メートルの距離にある。
 警察は、獅子岩の近くには早朝でも人がいるため人目に付きやすいが、ミミズク岩は人の行き来がほとんどないため、盧前大統領がそこから飛び降りた可能性があるとみている。
 同警察庁と金海西部警察署は、警察官20-30人をポンファ山の現場に向かわせ、盧前大統領が飛び降りた当時の状況や経緯について調べを行っている。


ふむ(◎-◎)

政界ロビー:金法相「盧前大統領関連の捜査打ち切る」 2009/5/23 朝鮮日報

これでノムたんの名誉は護られた、というところかな。

盧前大統領、「カネの問題はクリーン」と遺書 2009/5/23 朝鮮日報
 23日午前に死去した盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が「カネの問題はクリーンだ」などと無実を強く訴える遺書を残していたことが、側近の証言や警察の発表から明らかになった。
 慶南地方警察庁の調べでは、盧前大統領は同日午前5時すぎ、私邸のパソコンに遺書を残した。遺書は秘書によって発見された。
 盧前大統領は遺書の中で「それなりに国政のために情熱を注いだが、批判を受け本当につらかった」「息子や娘、支持者にも申し訳ない。退任後は農村に戻り、余生を過ごそうと思っていたがうまくいかず本当に残念だ」とに述べたほか、死後については、「村の周辺に碑を建ててほしい」と言い残した。
 遺書は収賄など一連の疑惑に触れ、「カネの問題に対する批判が出ているがその部分はクリーンだ。それなりに清廉な大統領だと自負してきたが、わたしに対する評価は遠い将来に歴史が明らかにしてくれるだろう」という無実を訴える言葉で結ばれていた。


ちょっと待て!
私邸のパソコン内に残っていただと!!
本当に遺書なのか、これは。
かなり疑問に感じます。

盧前大統領の遺体がポンハ村に 2009/5/23 朝鮮日報

ノムたん、安らかに(-人-)ナームー...


一連の記事を追ってみましたが、その感想です。
韓国の法律でどうなってるかわかりませんが、パソコン内の文書が遺書として認められる物なんでしょうか?
それともファイル名が「遺書」とか、自殺を臭わす文面になっていたのでしょうか?

というわけで遺書とやらの全文を探してみました。
盧武鉉前大統領の遺書内容 2009/5/23 47NEWS
 あまりに多くの人々に迷惑をかけた。

 私のせいで多くの人が受けた苦痛はとても大きい。

 これから受ける苦痛も推し量ることができない。
 余生も他人の足手まといになるしかない。

 健康がよくなく、何もできない。

 本を読むことも、文章を書くこともできない。

 あんまり悲しむな。

 生も死も、みな自然の一かけらではないか?

 すまなく思うな。

 誰も恨みに思うな。

 運命だ。

 火葬してくれ。

 そして家の近くに、とても小さな石碑を1つだけ残してくれ。

 昔から考えていたことだ


確かに、遺書と思える文章ですが。
どうにも違和感を感じます。
どこがどうとは言えないんですけど、何かこう、言葉にできないもどかしさのようなものを………

まあ必ず謀略説は出てくるんでしょうが、簡単に乗りたくもない。
そのまま自殺と断定するにも疑問を感じる。

おそらく捜査は行われないでしょうから、このまま終わるんでしょうね。
歴史の闇が、また1ページ………


ノムたんが安らかならんことを願って。
黙祷を捧げます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。