上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12日の昼に安倍総理辞任の速報を見ました。
ちょうど11日に「安倍政権終了のお知らせ!?」というエントリーを書いたばかりだったのですが、タイムリーと言うか何というか………
「まさか安倍さんうちのブログ見てるのか?ひょっとして黒猫にまで見放されたと悲嘆したのか!」などという妄想に1日浸ってました。
そんな妄想する間もなかったけどw

今日になって体調不良で入院という記事も出ており、本当の理由はこちらだったと推測します。
会見の時から様子がおかしかったですし。

しかしまあ責任感が一切ない野党の党首達は一斉に「無責任」と声を上げてますし、マスコミ系は嬉しそうに非難してますし、続けてもやめても非難されるのなら、一時期空転しようが続けた方が良かったのではとも感じますね。
「仲良し内閣」と批判してたマスコミがいきなり「孤独の総理」と見出しつけたニュースを見た時は、結局何が何でも非難したいだけじゃないかと笑ってしまいました。

安倍さんは非情に徹しきれなかった人だと思う。
和を以て尊しとすの精神で、相手のことを思いやるあまり、国民の期待から離れていったのではないでしょうか。

安倍内閣1年、実績「評価しない」70%…読売世論調査という調査結果も出てるようですが、これって完全にマスコミの偏向報道の責任です。
すべての実績を知ってるわけではありませんが、
防衛省への昇格ですとか、
日米豪の三角同盟ですとか(安全保障協力に関する日豪共同宣言(仮訳))、
教育基本法の改正ですとか、
インドとの友好関係とか、
北朝鮮への毅然とした態度とか、
他にもあったはずですが思い出せないくらい評価すべき点は多々あります。今まで問題があることが分かっていながら、手つかずのものに手を染めたというのも結構ある。

ところがマスコミでは、
これらに反対するか、
無視するか、で
国民に伝える義務を果たしておりません。

ある意味マスコミに潰された総理とも言えるのではないか、と。

就任当初にも思ったのですが、安倍さんは総理になるのが早すぎたのでしょう。
あの小泉さんの後だけに、並大抵の人では務まらない。
そのことは誰もが分かっていたはずです。
けど「国民人気」という実体のないものに振り回され、そのあげくプレッシャーに押しつぶされたのではないのでしょうか。
間にワンクッションかツークッションおいてから総理になれば、また違う結果になったのではないかと思うと残念です。
繰り言にしかなりませんが。

優しい人では、一国の代表は務まらないということなんですかねぇ。


それにしても今回の辞任劇だけはいささかいただけない。
悪者になってでも、これだけはという気概を見せて欲しかった。
無責任と言われても仕方ないですね。
支持しないと言っても、期待はしてたものですから……説明するのが難しい感情。


体調不良ということなので、しっかり休養してから捲土重来をはたして欲しいです。
総理になるというのは得難い経験ですから、挫折があったとしても、さらなる成長は可能でしょうし、次に総理の目ができた時には、真の意味で期待できると思います。

批判されるべきは最悪のタイミングで辞任したことと、問題のある人を大臣に任命したということくらいで、功績は功績としてちゃんと評価したいです。

今はただ「お疲れ様でした」とのみ言いたい心境です。




せめてなぁ、ノムたんの10分の1でいいから、あの図々しさと傲慢さがあればなぁ。
そしたらこれぐらい言えただろうに。
「テロ特措法に反対する者は、国際協調となっているテロとの戦いに反対する人であります。それはすなわちテロに協力すると言うこと、テロ支援者です。国民の皆さん、テロ支援者を選びますか?テロとの戦いを選びますか?衆院選ではっきりと意志を示していただきたい」




banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/161-ac11ef0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。