上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【国内】強制連行:朝鮮人死者7750人の氏名判明~浜松の研究家、資料集出版(毎日)[09/16]
★強制連行:朝鮮人死者7750人の氏名判明 浜松の研究家

 浜松市の近代史研究家、竹内康人さん(50)が、第二次大戦中(1939~45年)に日本に強制連行された朝鮮半島出身者のうち、死者7750人の氏名と戦時中の労働現場1550カ所を突き止めた。旧厚生省や鉱山、炭鉱関連企業の殉職者名簿、市民団体の調査資料などを基に20年がかりでまとめ、資料集も出版された。
国による名簿は公表されておらず、研究者らは「全国を網羅した初の資料」と高く評価、民間の遺骨調査での活用が期待されている。

 終戦までに、軍人・軍属として24万人以上、民間人は70万人以上が過酷な労働に従事させられたとする説が多い。このうち死者名は、旧厚生省勤労局が約9万人分の名簿を1946年に作成、91年に韓国政府に「朝鮮人労務者に関する調査」として提出した。

 しかし氏名以外のデータに乏しく、調査内容を入手した竹内さんは、▽一部の自治体に保存されていた「埋火葬認可証」▽北海道や九州などの炭鉱企業の従業員名簿▽自治体や市民団体が発行した書籍--など100点以上の資料などと照合。死者名と労働現場のほか、一部の人は本籍や死亡年月日、「落盤頭蓋(ずがい)」「魚雷」など死亡時の状況も分かった。

 死者の内訳は、鉱山・工場などの労務関係者が7割、軍事基地建設や兵士の軍務関係が3割。労働現場は、▽北海道210カ所▽福岡県140カ所▽沖縄県120カ所▽兵庫県90カ所--の順に多かった。

 04年12月の日韓首脳会談を機に、政府は厚生労働省に人道調査室を設け遺骨調査を開始。しかし同室は「個人情報の問題もあり名簿などの内容は公にできない」としている。この間、同省には寺院や自治体から1720体の情報が寄せられたが、身元判明は83体にとどまっている。

 こうした中、「竹内リスト」とも呼ばれる名簿によって、曹洞宗では各地の寺にあった計530体の遺骨のうち既に2体の身元が判明した。

 竹内さんは「判明したのは死者の一部に過ぎない。歴史の真相究明のためにも、国は積極的な調査を行ってほしい」と話している。

 資料集は、神戸学生青年センター(神戸市灘区)が「戦時朝鮮人強制労働調査資料集」として出版。【山口朋辰】

▽ 田中宏・龍谷大教授(日本アジア関係史)の話 「外務省報告書」などで全容が判明している中国人と比べ、朝鮮人については国レベルでの調査が放置されてきた。(竹内さんが作成した資料は)全国を初めて網羅したものになるだろう。遺骨調査にも、大きなヒントとして役立つ。

(毎日新聞 2007年9月16日 3時00分)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070916k0000m040128000c.html


20年も何やってんだか、このおっさんは。
読んでもらえれば分かるとおり、これは「内地(当時の日本列島の呼び方)で死んだ朝鮮人の氏名リストと働き場所のリスト」です。
どこをどうしたらこれが強制連行された朝鮮人のリストになるのかには一切説明はなし。
「日本国内で死んだ朝鮮人→強制連行に違いない」というウルトラC級の発想と思い込みでしかありません。

これは竹内文書として後々まで語り継がれるでしょうw

最後の最後にバカの総元締めとでも言いたくなるようなコメントが載ってますが。

中華民国(当時)はまがりなりにも敵国であり、捕虜を取っていた。で、捕虜に労働させていたんだからリストがあるのも至極当然な話です。
けど朝鮮人は当時は日本国籍を持つ日本人です。
なぜ日本人が日本国内で働き、労働事故なり病気なりその他もろもろの理由で死んだとして、政府がリストを作って把握しなきゃいけないのかな?
統計上の数字があるだけなのが普通でしょうに。

反論するのは馬鹿らしいってのが、特亜に関わると多いのですが、そのたびにきっちり反論して、封じ込めとかないからこういうのが続々と湧いて出てくる現状になんたんでしょうな。

20年もかけた執念深さだけは評価しておくとしますか。
朝鮮人も中国人も口ばっかで、資料なんか出そうともしませんからなヽ(´・`)ノ フッ…(笑)


ところで田中宏・龍谷大教授ってのはこういう人物みたい。
80 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/09/16(日) 07:26:49 ID:H6ZdXrSd
> 田中宏・龍谷大教授(日本アジア関係史)

おまけに
コメントもこんなヤツなのが笑えるw
眉唾で読む必要がある

氏名       :田中 宏(タナカ ヒロシ)
生年月・出身   :1937年2月生 岡山県
所属       :経済学部国際経済学科
職名       :教授

最終学歴・学位  :一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了
修士(経済学)〔一橋大学〕
専門分野     :日本アジア関係史、在日外国人問題。
主な著書・論文など:『在日外国人、法の壁・心の溝』(岩波新書)、
『戦争責任・戦後責任』(共著・朝日選書)、『日本企業の戦争犯罪』(共著・創史社)、『在日コリアン権利宣言』(編・岩波ブックレット)、黄春明『さよなら・再見』(共訳・めこん)。
趣味・嗜好:特技・モットー等:趣味は特になし。「事件」に遭遇すると、そこからいろいろ考えることを続けてきたように思う。「万境、人をして詩を吐かしむ」という言葉が妙に心に残っている。

http://www.ryukoku.ac.jp/who/who.php?uid=284





banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/163-5eb58b09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。