上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月末恒例のエンコリのアイコン漫画紹介シリーズです。
アイコン漫画自体はかなり前からシリーズ化されており、大量にあります。
一度には紹介しきれないので、月1としております。

それではごゆっくりとお楽しみ下さい。


大航海時代講義① ポルトガル海洋帝国
KOEIの歴史ゲームが与えた影響って結構大きいなと思う今日この頃。
黒猫の三国志好きだって、KOEIの三国志が一因だもの。
ところでこのキャラ達誰?

大航海時代講義② インド踏破
知ってたとはいえ、あらためて見るとひでぇよなこの時代は。
昔から西欧人は敵を作るのだけはうまいからなぁ。
そうそう、民族の英雄って言われる者の大半は、別の目で見れば虐殺者ってのは真実です。

大航海時代講座③ コロンブスの出航
コロンブスの卵って知ってます?

大航海時代講義④ コロンブスの栄光
新大陸発見だとか新領土とか威勢のいいこと言ってますが、これは全部西洋史観。
別の観点から見ると、立派な侵略者。
やったこと見るとそうとしか言えなくなるんですよな。
でも、歴史的には意義があることには違いないんですよ。
そこが歴史の面白さかもしれません。

大航海時代講義⑤ コロンブスの挫折
歴史に残るのは成功した者のみ。
数多の犠牲の上に英雄は存在しているのかも。

大航海時代講義⑥ 地球一周(前編)
80日間世界一周って長靴を履いた猫の話だと思ってません?

大航海時代講義⑦ 地球一周(後編)
えーと……マゼラン自身は世界一周してなかったのね。
ところで1分で世界一周する方法知ってます?
南極点か北極点の周りを走ればいいそうですよ。
たしかドラえもんに載ってましたw

大航海時代講義⑧ アステカの滅亡(前編)
エル・ドラド…うーんロマンだ。
実際何があったか知ってるとロマンどころではないんだけどね。

大航海時代講義⑨ アステカの滅亡(中編)
神話って実は結構凶悪な兵器なのかもね。
カルト見てると、教義自体が核兵器並の存在だけど。

大航海時代講義⑩ アステカの滅亡(後編)
「信じたいこと」と「信じること」は別物ですな、確かに。

大航海時代講義⑪ ノヴァ・イスパニア
結局は奴隷、そして人口大減少。
植民地がいかにひどいかということがわかりますな。

大航海時代講義⑫ 光輝く黄金を求めて
当時の倫理観を今の倫理観で責めてもしかたのないことなんですが。
当時の西欧人にとって、人間とは『白人のキリスト教徒』のことなんですから………

大航海時代講義⑬ インカ人との遭遇
ピサロ登場。
彼は進化の秘宝を探し求め、 デスピサロとなっていきます(嘘)

大航海時代講義⑭ インカの民と征服者
盛り上がってきましたね。
しかしインカって凄いわ。

大航海時代講義⑮ カハマルカの戦い
ひどい話になってきました。
というかこの時代こんなのばっかやん。

大航海時代講義⑯ インカの末路
読んでるうちに腹が立つのは、私がおかしいからでしょうか?

大航海時代講義⑰ 太陽の沈まない国
歴史とは現実を直視することである。 by 黒猫






どうも途中から大航海というより、南米征服編とでも言いたくなる内容になっちゃいましたね。
面白かったですが。

こういう西欧人が植民地化した話を読むと、日本の植民地(と言われている)となった国がどれだけ幸福だったか考えさせられます。
「人口半減当たり前、10分の1でちと困る。
人がいなくなったらアフリカから奴隷を連れて来てやれ。
金も食料も俺のもの。おまえら死ぬまで働け」
というのが西欧の植民地ですから。

なにしろお隣の半島では、
「人口倍、気がつきゃ生産力倍以上。でも私らなーんもしてません」
なんですから。




banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/170-34c1e7b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。