上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060414190544-1.jpg:「とある公園に立ち寄った時、こんなもの見つけました」
CAIJKO1L.jpg

20060414190544-1.jpg:「わかりづらい?では近くで撮った別の写真を」
CALPE0W7.jpg

20060414190544-1.jpg:「実はこれ桜なんですよ。狂い咲きってやつですね」
CADQ7SHP.jpg:「桜の狂い咲きではないですが、異常気象のせいかこんなこと言い出した人がいるようですね」
小沢民主党代表の記者会見要旨 2007/10/10 産経ニュース
 ISAF参加に関する民主党の小沢一郎代表の会見要旨は次の通り。
 政府が(テロ)新法を出す決定をした際には、民主党の主張を法案にして出すのがより分かりやすいか、ほかに方法があるか検討しなくてはならない。
 日本の貢献は軍事面より、救助救援の面がはるかにふさわしい。ただ、軍隊の海外派兵だけはごめん被(こうむ)るというのはよくない。多少の危険があってもみんなと一緒に平和を守る心構えを日本は持つべきだ。アメリカに言われたら共同作戦するのは日本人の総意でない。国際社会の共同行動に参加する明確な原則原理を鮮明にすべきだ。
 (ISAF参加違憲論は)国連憲章を否定するのか。日本はあらゆる手段で国連の要請に協力するといって加盟申請した。国連憲章によれば、武力で平和を乱す者に対しては、武力をもってでも鎮圧することになっている。自民党、政府の解釈こそおかしい。
 党のマニフェストにも書いてある。多数で決めたことは党の方針に従って行動しなければ党人ではない。いやなら離党する以外ない。
 ISAFは治安維持の軍事部門だけでなく、民生活動も入っている。治安維持活動には疑問がある。

20060414190544-1.jpg:「これだけだと何の事やらわかりにくいんですがね。こういうことなんですよ」
異論続々も“剛腕”小沢「イヤなら離党」波紋 2007/10/11 ZAKZAK
 民主党の小沢一郎代表は10日、党機関誌などで提唱したアフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)への参加について党内若手などから異論が出ていることについて、「イヤなら離党する以外にない」と断言した。小沢氏としては政党政治における“正論”を述べた形のようだが、今後の党内対立の火種にもなりそうだ。
 「多数で決めたことは党の方針に従って行動しなければ党人ではない。イヤなら離党する以外ない」。小沢氏は10日の記者会見で、きっぱりと言い放った。
 問題となっているのは、小沢氏が今月に入って党機関誌や月刊誌で、海上自衛隊へのインド洋での給油活動に反対する一方、ISAFへ武力行使も含めて参加する考えを示したことだ。
 政府・与党から「武力行使は憲法からして認められない」(石破茂防衛相)と批判が出る一方、民主党内からも「党内で決めた事実は確認していない」(枝野幸男元政調会長)などと反対の声が起きていた。
 民主党の前原誠司元代表は同日夜、都内のホテルで開かれた公開討論会で「正直、小沢代表と私の認識は違う。党内で意見集約はまだだ」としたうえで、「旧民主党の議員には小沢代表の考え方に違和感を覚える人間はかなりいる」と公然と異論を唱えた。
 社民党の福島瑞穂党首も同日の会見で「小沢氏の見解は違憲だ」と批判した。
 ただ、小沢氏も「ISAFの主力の治安維持には非常に疑問を持っている。何より生活が安定することが大切だ」と軍事部門への直接参加には慎重な姿勢を示すなど、今後の議論の余地は残している。
 それだけに、前原氏も「党として決まったときにはみんなで従うべきだ」とも発言、福島氏も「インド洋での給油新法反対や格差是正などやることはたくさんある。そのことは変わらない」と野党共闘への影響はないとの認識を示した。
 民主党有力筋は「小沢氏の方針に反対の議員はいるだろうが、小沢氏としても手順を踏んで党内議論をしていくはず。参院選で大勝し政権交代が間近なだけに、党を割るような議員はでないだろう」というが、枝野氏らの動きが注目される。

CAWKC3P1.jpg:「10月だというのにまだまだ暑いから、おかしくなっちゃったんですかね。少し前までは『給油も軍事行動』みたいなこと言ってたんですがね。さらには『わしの言うこと聞かん奴は出て行け」と言わんばかりの発言。よっぽど例の家賃問題が痛かったんですかねw」
CADQ7SHP.jpg:「どうも安倍さんをたたきにたたいてアサヒってたマスコミが、福田の登場によって風向きが変わったようですね。同じ媚中なら政権持ってる方がいいと、そういうことなんじゃないかと思ってますが」
20060414190544-1.jpg:「民主党が分裂しそうですが、どうなりますやら。今後が楽しみです」
20060414190544-1.jpg:「ところでこんなもの見つけました。まるで関係ないんですけどね」
韓国に暮らして―奇加代子[7]―5:鄭容順
20060414190544-1.jpg:「どうでもいい内容なんですが、気になったのはこの部分です」
韓国人と結婚した在日韓国人の奇加代子さん、日本の永住権、1年に1回日本に戻って再入国の申請をしないといけない時代だった。
CACVOIBK.jpg:「この人いったい何人?なんで『韓国人と結婚した在日韓国人』って別の国みたいに言ってるの?さらになんで韓国で暮らしてるのに『日本の永住権』が必要なの?わけわかりません」
CA5GMG1E.jpg:「自分達が特別扱いされてるのに、被害を被ってるような言い方すんじゃねぇよ!」
20060414190544-1.jpg:「ではおバカなニュースをいつもの2匹にお願いするとしますか」


CATPGX29.jpg:「枕の話が長いなw」
CA3RLUGP.jpg:「久方ぶりに出たかったんでしょうねw では最初はこれからです」
【コラム】めぐみさんの遺骨問題、今度は日本が答える番(上) 2007/10/11 朝鮮日報
【コラム】めぐみさんの遺骨問題、今度は日本が答える番(下) 2007/10/11 朝鮮日報
 問題は、めぐみさんの遺骨に関する日本政府の発表が疑惑に満ちたものであるということが、日本国民にはあまり知られていないということだ。もはや拉致日本人はいないという金正日(キム・ジョンイル)総書記の発言に、日本国民が敏感な反応を示しているのも、こうした状況と無関係とは言えない。
 何の罪もない一般市民を拉致した北朝鮮が非難されるべきなのは言うまでもない。だが仮に日本政府が情報の歪曲(わいきょく)に関与したり、そうした事実を知りながらも拉致問題を政治的に利用したりしているのであれば、それは重大な問題だ。今や日本は自らが招いた疑惑を収拾するため、DNA鑑定をめぐる真実を明らかにすべきだ。そうすることが日本人拉致問題の解決や、ひいては北朝鮮核問題の解決にも役立つことだろう。
(一部抜粋)
CA3RNYKI.jpg:「えらく北朝鮮寄りだな」
CAEL735M.jpg:「高温で焼かれた遺骨からDNA鑑定ができるのか?ということだけなら納得いくんですが、なぜ遺骨を焼いてから出してきたのか、という疑問は残るんですよね」
CATPGX29.jpg:「偽物だから、ってのが単純な推論だよな。嘘ばっかつく連中だし」
CA3RLUGP.jpg:「遺骨が出せない状況にある=生きているってのは、我々の願望なんですがね。そういう気持ちすら無視して、日本が譲歩しろって内容ですから」
CA3RNYKI.jpg:「おまえらは日本に関わるな。とっとと自分とこの拉北者を何とかしろ!」


700年大百済の夢…百済文化祭11日から開催 2007/10/11 朝鮮日報
CATPGX29.jpg:「大百済ってなんだ?」
CA3RLUGP.jpg:「これのことじゃないか、と」
kudara.jpg

CAH06HUI.jpg:「………」
CAYQINC8.jpg:「夢というより妄想です。これでまたでたらめを吹聴するんでしょう」
CAH06HUI.jpg:「………」


ピンク色に染まったソウル市庁舎 2007/10/11 朝鮮日報
063907916291094263.jpg

CAY2X0SM.jpg:「今日の写真です」
CA4LLWSB.jpg:「どこのラブホかと思ったよw」
CA3RLUGP.jpg:「しかしですね…」
CA4NUB77.jpg:「センスないなw」




banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/176-eef81895
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。