上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噂を聞きました。
香川県のとある場所に人間魚雷【回天】が展示されている、と。
しかもそれは個人が作成したものであるという話。

これは見に行かなければならない!(何故だ?)
探しに行きました。(無駄な行動力だけはある)

噂によるとそれは国道沿いにあるとのこと。
ようやく見つけました。
IMGP0414.jpg(遠景1:すべての写真はクリックで大きくなります)
分かりますか?
見つけた方だけ以下の写真をご覧になれます(嘘)

肉眼でもわかりづらいねぇ。
も少しアップで。
IMGP0415.jpg(遠景2)
これなら見つけられるかな。

近寄ってみました。
IMGP0416.jpg

思ってたより大きい!
IMGP0417.jpg

これに乗って特攻をしてたのかと思うと、複雑な感情がわいてきます。

制作者、というか提唱者かな。
IMGP0418-2.2.jpg

一応名前は隠してみました。
個人のようですし、ここまで来た方だけ確認して下さい。

制作会社。こっちは出してもいいと思う。
IMGP0428.jpg

ニチエイスチールって、この近くで看板を見た気がする。

説明文
IMGP0419-2.2.jpg

内容はかなり吟味されてるもよう。
無駄な反戦文ではなく、経験者の語る重みみたいなものを感じます。

しかし14.5mの8.3tですか。
それで全幅1mですよ。
これに乗るのはかなりしんどいことですね。

回天については最近映画もありましたし、少しは知られてきてると思います。
詳しく知りたい方はwikiの回天のページを参照して下さい。

写真はもっとあります。
噂話の内容もあります。
場所についても少しだけ。
見たい方は「続きを読む」をクリックして下さい。
ますは船首(と言っていいのか?)から。
IMGP0422.jpg


斜め前。
IMGP0423.jpg


スクリュー
IMGP0425.jpg


斜め後ろ
IMGP0424.jpg


乗降口(乗ったら降りないものなんだが……)
IMGP0421.jpg

ここからでは乗れるかどうか不明。
乗れないでしょうけど。
ところでこの家紋は菊でしょうか?


上から
IMGP0426.jpg


乗降口アップ
IMGP0427.jpg

やっぱり乗れないみたい。

さて回天の展示されている場所だが、最初の遠景をご覧になればわかるうように、何もない場所にぽつんとある。
はっきり言うと、香川県さぬき市の国道沿いである。
周囲は山で海も近い。
詳しい場所を知りたい方はメールなんかでお知らせ頂ければ、地図付きで返事したいと思う。

最初に聞いた噂話の内容である。
「制作者は回天の整備士であった。
大戦末期に回天の整備工として働き、特攻に出て行く戦友達を見守っていた。
しかし兵士数の不足から整備工達にも特攻命令が届く。
特攻の日を待ち続ける制作者であったが、先に終戦となった。
戦後60年が経ち、先に散っていった仲間達への思いと平和への祈りをこめて回天を作る気になった」
というものである。
これはあくまでも噂話である。
事実の確認はとれていない。
噂として聞き流す程度でいて欲しいと思います。

そのうち機会があれば(その気になればw)、
制作会社に電凸して、話を聞いてみてもいいかな、と思ってます。

エンコリに出してみました。
人間魚雷【回天】が道端にひっそり立っているそうです。

エンコリのスレには書いたが、こっちでは書いてない話。
帰り道に綺麗な花畑を見つけ、なぜか懐かしい気分になりました。
呟きの方に写真をだしてます。
秋の花咲く道の辺♪



banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/186-153a4e5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。