上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新をさぼってた黒猫です。
すんません(゜)(。。)ペコッ
移転1周年の時に書いたんですが、「一応考えてることはあるんですが、そちらは時間がかかりそうでやはり無理」のことです。
一応やってはみたんですが……ボツネタとなりました(´ヘ`;)ハァ

やってはみたがエントリーにはできないので、エンコリに出してみた。
見たい方はどうぞ。
日溜まりのボツネタ

勢い込んでやったことがボツになると、やる気が失せます(´ヘ`;)ハァ


こういうニュースを見ました。
“攻撃しちゃダメ、占領はOK” 無防備平和宣言条例、署名が法定数超え直接請求成立…札幌 by 痛いニュース

前から無防備宣言にはいい印象がなく、これは独立宣言と同義ではないかと思ってました。
まずは無防備宣言とはなにか、ですが。
なにかと賛否両論の多い無防備マンの言葉を借りると、
「戦争を根本的になくしていく運動」
「無防備地域とは軍隊を入れず、軍事施設を置かない地域」

条件は4つ。
1.戦闘員・移動兵器を撤去していること
2.固定した軍事施設の使用禁止
3.当局や住民の敵対行為の禁止
4.軍事行動を支援する活動を行わない

だそうな。
この無防備地域宣言というのはジュネーブ諸条約というものが根拠であるそうな。
参照したHPから借りてみます。
・特別保護地域
 文民を保護する為、紛争国内に特別保護地域を設ける事ができます。これらは目的などに応じて、次の4つに分類されます。
1)安全地帯
 文民、特に社会的弱者や病人、傷者を保護する為、安全地帯を設ける事ができます。ここは戦闘地域から除外されます。赤十字社や利益保護国は、これらを設置し承認される為に仲介する事を求められています。
 事態が許せば、既に保護対象となっている文化財産の中や近隣に設置する事もできます。
2)中立地帯
 関係当事国の協定で設置される地帯で、軍事的性質を持つ業務を行っていない者を、無差別に保護する為の地域です。
3)非防守地域
 次の条件を満たした住民住居地域は、非防守地域宣言をする事ができます。この地域には、いかなる攻撃も行ってはなりません
 その条件とは、全ての兵器及び戦闘員を撤去、移動しておく事、固定の軍事施設を敵対行為に使用しない事、当局及び住民による敵対行為が行われない事、軍事作戦を支援する一切の行動をとらない事の4つです。
 但し敵による占領にも解放されていますので、戦争そのものに巻き込まれないという訳ではありません
4)非武装地域
 関係国の協定により設置された地域です。ここでは、この協定に反する行為はできません。その内容は協定次第なのですが、一般的には非防守地域と同等の地帯になります。

これは条約の解説であるが、条約は締結し、国内法を整備してから効力を発揮するものなわけだ。
条文を探してみました。これがそうだと思います。
戦時における文民の保護に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第四条約)
関係すると思われる条文。
第十五条〔中立地帯〕 紛争当事国は、次の者を差別しないで戦争の危険から避難させるための中立地帯を戦闘が行われている地域内に設定することを、直接に又は中立国若しくは人道的団体を通じて、敵国に提案することができる
(a) 傷者及び病者(戦闘員であると非戦闘員であるとを問わない。)
(b) 敵対行為に参加せず、且つ、その地帯に居住する間いかなる軍事的性質を有する仕事にも従事していない文民
② 関係当事国が提案された中立地帯の地理的位置、管理、食糧の補給及び監視について合意したときは、紛争当事国の代表者は、文書による協定を確定し、且つ、これに署名しなければならない。その協定は、その地帯の中立化の開始の時期及び存続期間を定めなければならない。

ほほう、なるほどなるほど。
無防備マンとやらの説明を読んだ後に、条約及び条文を読むと違和感を感じませんか?
条約にも条文にも「紛争当事国は」とあるじゃないですか。
簡単に言うと、平和時に勝手に宣言して良いものではなく、現に交戦中の紛争当事国内において、紛争当事国同士が決めるもの、なんですよね。
恣意的に変えてると言えるでしょう。

と言うかさあ、この無防備宣言しようと画策してる連中って、
日本は現在紛争当事国である
と認めてるのと同じなんだよね。

ということはなにか。
この宣言をしようとしている連中は、近い将来敵国が攻めてくることがわかってるので、今から降伏の準備をしようとしているのか。
立派な利敵行為じゃんw

しかし、敵国ってどこなんでしょうね。
聞いてみたいものです。
どこに攻められるとわかってるから、宣言したいんでしょうかねぇ。

さて、まだまだ言いたいことはありますが、長くなりそうなので一旦切ります。

続きます。







banner_02.gif e_01.gif

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/190-1dab70e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。