上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屋島観光は概ね良好であった。
この後、古戦場跡へ……など行くはずもない。
参加者の1人から回天を見たいというリクエストがあり、異見が出なかったため、回天の展示場所へと向かうこととなった。
しかし………黒猫の棲息場所の近くを通らなければならないんだよなぁ……
ま、いっか。


さて回天であるが以前に紹介したものである。
もいちど見たいorまだ見てないという人は下のリンク先をご覧ください。
『人間魚雷【回天】』の模型!

屋島から回天の展示場所へと向かう。
道々、周辺の説明したりボケたりする黒猫w
皆は皆で嫌韓トークで盛り上がる。
しかしまあ、詳しいよな。みんな。
特にxiaoke氏については木村お兄さんがこう言ってた。
お兄さん 「青山里の時にxiaokeさんがいれば、間違いなく戦力になってましたね。かなり優秀な」
xiaoke 「あの頃では役に立ちませんよ」
お兄さん 「いやあ、今の態度からして、ちゃんと学習したでしょう」
xiaoke 「夕べも写経してましたけどね」
黒猫 「やっぱり写経道場に閉じこめたい!」
などという会話が屋島でなされたことは秘密であるw (一部改変)
黒猫 「霊場茶飲みますか?」

そんなこんなの話を繰り返しつつ、  ←どんな話だ?
目的地に着く。
前にも書いたが、回天は香川県内の数少ない国道の横にある。
峠の途中に進入口があるが、一目見てわかるものはいない。

回天を前にわいわいがやがやと楽しく語る。
ここで前回気づかなかったことがあった。
fetia 「この下の線なんだろ?」
xiaoke 「コードみたいですね。ここに鍵がありますよ」
回天の下に丸い蓋のようなものがあり、そこに鍵がかかっていた。
Real-Kid 「単相のコードみたいですが」
お兄さん 「上からは入れないが、下から入れるのかな」
黒猫 「……………」  ←前回来た時に気づかなかったため、恥ずかしくて何も言えない。

黒猫 「制作会社に電凸しようとも思ったんですが面倒で」 ←話題を変えたいw
お兄さん 「電凸したらひとつだけ言っといてください。そこの溶接がひどいって」
黒猫 「m(__)mハハー」 ←でもやる気はないw

というわけで回天の見学は終わる。

ここには2tトラックが放置されていたのだが。
o~((((~´∀`)~フラフラ~  (   -  _  -  )ジッ
そんなに廃棄物が好きなんですか、あなたはwww
やはり誰のことかは言えない。


さーて、お茶飲みに行くぜ!




というわけで続きを読みたい方は「続きを読む」をクリックだっ!




ネコバスに乗る前の会話。

黒猫 「うーん、うどんはやっぱり持たないな」
お兄さん 「軽くお腹が空きましたね」
fetia 「あんなに食べたのに?」
黒猫 「普段はおにぎりだのおでんだのを一緒に食べますし」
お兄さん 「そうそう」
黒猫 「うどんって1~2時間しかもたないんですよね」
お兄さん (・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン
fetia (・0・)アゼン

回天の展示場所は行き止まりである。
ネコバスをニャーニャー言わせながら、方向転換してた時だ。
Real-Kid 「こんな所に車が入ってきてる」
fetia 「しかも家族連れだ」
お兄さん 「何しに来てるんでしょうね」
xiaoke 「…人のこと言えないと思うw」
黒猫 ← 切り返しに夢中w

なお、記憶だよりなので一部改変されている可能性が高すぎますw

ネコバスは高松市内へと戻った。
予定してた店の駐車場に入る。
(^◇^;)タラーリ
駐車場が空いてない!
ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!
あきらめて次の店へ。

ようやく着く。
この店いつも混んでるんだよなぁ、どうかなぁ。
不安で胸がワクドキする。 ← 意味が違う?w
店の様子を窺う。
ヽ(´・`)ノ フッ…(笑) いっぱい並んでる(ノヘ;)シクシク..
泣く泣くあきらめる。

こうなりゃ第3候補だ!
道の反対側から様子を窺う。
お、空いてそう。ここも客が多いが、この時間は大丈夫そうだ。
少し走って、ネコバスは後ずさりすることになった。 ← 日本語がおかしい!
着いた店の名はガトー吉田
チーズケーキがおいしい店である。
ちなみに店内禁煙・店外喫煙。
外にも席があるので、そっちに座る。
12月である。寒いのである。
まったく喫煙者って我が儘だ(`ヘ´) プンプン。
お兄さん (`・ω・´)y-~~
黒猫 (-o-)y-゜゜゜゜゜
あれ?w
誰が何を注文したか思い出せるが、あえて言わない。
4人がチーズケーキを頼み、1人が飲み物だけでした。
1人がコーヒーを頼み、3人が紅茶(銘柄は全部違う)、1人がホットレモネードでした。
これを聞いただけでたかしくんは隣の席にいた2人組の性別と注文がわかってしまいました。
……………またわけのわからないことをorz

ここでは人目を気にすることなく、DEEPな会話が繰り広げられる。
横で聞いてたら怖い集団だったろうな...( = =)トオイメ



さーて、いよいよ宴会だぜ!



つづく

黒猫 「私、甘いもの苦手なんですよ。滅多に食べないし、疲れた時ぐらいしか食べないんです」
Real-Kid 「へぇ」
黒猫 「けど、なぜかここの他に後3店ぐらい甘いものがおいしい店のストックがあるんです」OTL
fetia (¬_¬) あやしい





banner_02.gif e_01.gif

手間はかかりませんので、ポチっとお願いします(*^_^*)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/203-6b04f917
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。