上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平常運転に戻ります。
たまってるものはあるんだけどねヽ(´・`)ノ フッ…(笑)


ICカードで人気施設調査 訪日韓国人客らに無料配布 2008/7/7 47NEWS
 社団法人日本観光協会は19日から、日本を訪れる韓国・台湾人観光客を対象に、電子マネー機能のあるICカード計1万枚を無料で配るキャンペーンを始める。カードの記録から世代や男女別の人気施設を割り出し、外国人旅行者の利便性向上に役立てる。
 ツアーではなく、往復航空券と宿泊施設のみを予約した個人旅行客に対し、現地の旅行会社を通じてコンビニのセブン-イレブンなどで使える「nanaco(ナナコ)」を9000枚配る。
 カードへの入金は観光客が個人で行うが、9月からはJR東日本など首都圏の鉄道やバスに使える「Suica(スイカ)」に1500円分をあらかじめチャージして1000枚配布する。
 9月30日までの期間中、東京タワーや六本木ヒルズなど首都圏の商業施設や飲食店など計85カ所にデータを読み取る専用端末を設置。端末のある施設を訪れて入力した回数に応じてポイントが付き、抽選でデジタルカメラなどの景品が当たるラリー形式で入力を促す。


なぜ韓国・台湾限定なの?
と思って調べてみたら、こうなってた。
visitorarrvalsformay.jpg

1位 韓国人 2,600,694人
2位 台湾人 1,385,255人
(2007年訪日外客数から) 
参照:日本政府観光局(JNTO)
リンク:http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/2007_total.pdf

台湾はまあ一応親日国と言われてるからいいとして(今の状況はちょっと、だけどね)、
なんで嫌いな国№1に、訪問数トップを飾るのかな、韓国人は?
まあ、その辺は置いておこう。
つまんないしw

これはあくまでも私見です。
さらに言えば、こうあって欲しいという願望でもあります。
そのつもりで読んで下さい。

まずは平成19年度の犯罪白書の外国人犯罪者の検挙の内訳です。
「平成18年の来日外国人被疑事件の検察庁新規受理人員は、2万205人であり、国籍別等に見ると、中国が36.0%と最も高く、次いで韓国・朝鮮(15.7%)、フィリピン(9.0%)、ブラジル(6.9%)、タイ(3.7%)、ベトナム(3.7%)の順であった。」
参照:平成19年度版犯罪白書
該当リンク:http://www.moj.go.jp/HOUSO/2007/hk1_3.pdf
韓国・朝鮮となってますが、これは北朝鮮を含んでるのでしょう。
で、外国籍だから当然在日も入ってると思われます。
何が言いたいかと言うと、韓国人は在日を含め、日本国内で中国人と並んで犯罪ばっかやってる、ということです。
これは検挙者数だから、氷山の一角だと思われ、実際はもっと多いでしょう。

でね、これらを踏まえた上で、上の記事を読むとね。
ただのサービスとか、調査目的とか思えないんですよ。
ICカードに位置特定機能とかついてて、どこにいたかがわかるように………………もしも、もしもですよ、なっていたとしたら!
来日韓国人が犯罪をした場合、すぐ特定できるようになる!

エサとしてsuica(1500円分)をつけ、さらにポイントによる景品付きとなれば、あちこちで使うはず。
行き先を集計すれば、どこに韓国人が多く現れるかが分かり、犯罪多発地域として、避けることも可能。

これだけやれば、日本人被害者が減る可能性も高い。

いい計画です。
是非ともこの方向で推進して欲しい!




本音
まあ、またどっかの、特亜、特に韓国を優遇したいって馬鹿(売国奴)が、犯罪者誘致のために優遇策を取ったんと思う(*ΦωΦ)y―~~


おまけの今日の写真。
みんな個性的、異色の水着コンテスト 2008/7/7 朝鮮日報
864698701180917758.jpg

趣味わるーいw





banner_02.gif  e_01.gif

クリックよろしゅうに♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/278-65fd24f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。