上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は亥年です。
日本では「亥=猪」です。
で、朝鮮日報日本語版で『「寄付をして金のイノシシを受け取って下さい!」』という記事があり、載ってた写真がこれです。
黄金の豚
(画像はクリックで大きくなります)
どう見ても私には豚にしか見えません。
年明けに新聞を読むと、朝日の天声人語とか地方紙のコラムなんかで干支の話を書いてたんですが、「日本では猪突猛進とか猪武者とか悪い意味で使われる猪。それにあわせて年頭の挨拶をした安倍首相」みたいなことを書いてまして、遠回しに皮肉っている。(http://www.asahi.com/paper/column20070105.html すぐ消えると思います)
ま、それはいつものことなんですが、関連として他の記事で「韓国では猪は豚のことで日本に入ってきて意味が変わった」と書かれてました。
疑問に思えば即調べろ、と言うことで少し調べてみました。

チャットで韓国の友人に聞くと答えは「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥です」との返事でした。
で、「亥って豚のこと?」と尋ねると、「そうです」と返事をもらいました。
新聞で読んだ記事とあってる。猪は豚のことらしい。
では他の国はどうかと言うと…

世界の十二支
*同じ国の中でも複数の意見がある場合がある。なお、中国語では「猪」とは「豚」の意味
日本    鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
中国    鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
台湾    鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
韓国    鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

モンゴル 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪
     鼠、牛、、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

チベット 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、
タイ   鼠、牛、虎、、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、
ベトナム  鼠、水牛、虎、、龍、蛇、馬、山羊、猿、鶏、犬、

ベラルーシ 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、
(白ロシア)鼠、牛、虎、、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、

ロシア 鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

参照:円環伝承内の■十二支の話

猫年とかいいですねぇw
中国語で猪は豚の意味とあり、さらにそのまま豚と表記される国もある。韓国人に聞いたら、亥は豚のこと。
以上のことと新聞記事を考え合わせると、「亥が猪なのは日本だけ」のような気がします。
豚は多産で縁起がいいとか、古くから豚肉を食べていたとか、そういうことから各国では亥は豚なのでないか、と。
トリビアにもならない豆知識ですねw

もうひとつ。
韓国では今年は600年に一度の「黄金の豚年」なんだそうな。
来年は600年に1度の「金のイノシシ」の年 2006/12/19 朝鮮日報
【写真】07年‘黄金豚’ 2006/12/26 中央日報
この年に生まれた子供は金持ちになるそうで、今年は出産計画を立てている韓国人が多いらしい。
なぜ黄金の豚なのかはググった程度では分かりませんでした。
韓国も少子化が進んでいるらしいので、今年だけでもベビーブームになればいいんだけどね、と思う。


さてようやくタイトルの本題w
我らがノムたんは新年早々かましてくれています。
盧武鉉大統領「無口だったら大統領になれなかった」 2007/1/3 朝鮮日報
「大統領がおしゃべりだと言うが、クリントン前大統領も言葉の達人、言葉の天才だった。発言できるだけの思考力を持って話すのだ」
「大統領選挙のとき話ができなかったら、わたしは大統領になどなれなかっただろう。わたしに発言は控え目にというが、それは正しい要求ではない」
「最近、話の通じない事案があまりにも多い。やむを得ずわたしも体当たりで疎通を試みている。“どうして反米ではないのか”と言う人がいれば、“どうして反北ではないのか”と質問してくる人もいるが、今“反北”を叫んで未来が開けるのか、“反米”を叫んでそれが利益になるのか。韓国はいつも“どっちの味方なのか”という見方をする
(大統領の発言のみ抜粋)

つ、突っ込みてぇwww
もうあえて突っ込まずに、ノムたんが無口でなくて良かった、と言っておきますw

直後に朝鮮日報が反論してます。
【社説】盧大統領の問題は「発言の量」ではなく「その内容」 2007/1/4 朝鮮日報
 盧大統領は「(韓国社会では)言葉の真意が伝わりにくい」とし、「だから体当たりで意思疎通を行っている」と語った。しかし問題は、大統領の発言を国民が理解しないことにあるのではなく、ほとんどの国民が口をそろえて言っていることを大統領が理解できていないことにある。盧大統領には早くそのことに気づいてほしい。(一部抜粋)

その通りだw


さらにヒートアップしていきます。
盧大統領「国民の評価気にせず、最後まで権力を行使」 2007/1/4 朝鮮日報
「国民の評価をきちんと受け止めたいという考えが以前はあったが、昨年それを完全にあきらめた。今年は(国民の視線を)気にせずに進んでいくのが良いと思う」
「マスコミの評価は最初から期待していなかったので、どう出てこようと関係ない」
「実際問題として、わたしに対する国民の支持や信頼感が低下していく一方だ。昨年はそれが上がるかと期待したが、特に変化もなかった。今年はそのような期待を抱かないほうがいいのではないかと思った」
「唯一残っているのはわたし自身のプライドだ。“国民参加政府”(盧政権)が果たして大言壮語できるものかと自問したが、それほど心配しなくてもいいだろうという結論に至った。今後は目に見える成果があるだろうと思う」
「こんな環境の下で4年間やってきたが、残る1年間でどんなハードルが待ち受けているだろうかというのが、今のわたしの心情だ。過去には及ばないと思うが、わたしに認められた合法的な権力を最後まで行使していきたい」
(大統領の発言のみ抜粋)

あのこれ、まるで「独裁者宣言」なんですけど。

盧大統領「国民の評価は昨年完全にあきらめた」 2007/1/4 朝鮮日報
◆「新しい景色が見られるようになる」
「自分が任期を終えて何年か過ぎれば、すべてが参加政府全体の実績とはいえないだろうが、とにかく新しい景色が見られるようになる。今年着工する行政中心複合都市や革新都市、竜山公園などが未来都市のモデルを提示するだろう」
 経済問題については、「1年で韓国経済が活力を回復できればどれほどいいだろうか。しかし適当な手段があるわけでもなく、無理矢理推進しても、長い目で見ていい結果が出るとは思えない。短期的成果は出せないが、長期的に見れば決して悪くはない経済政策を行っていると考えている」と説明した。
 自らの発展戦略は「癒着構造の解体→透明化と信頼拡大→社会全般への民主主義の拡散」につながるから「正しい」と考えているという。さらに「国民の評価を得たいという思いもあったが、昨年完全にあきらめた。2007年はそのことに気を使わない方がよいと思う」とも述べた。
◆「民主勢力による非常に大きな成果があった」
 盧大統領は「民主勢力」が政権を取った時期に大きな成果があったと力説し、「1987年6月のデモから20年が過ぎたが、韓国は非常に速く走ってきたと思う。民主主義を実践したという人物が、民主勢力には能力がないと言っている。しかし冷静に客観的に歴史を分析すれば、この20年は非常に大きな業績と成果があったと思う。世界でこれほど短い期間に改革の成果を出した国がどこにあるのか。よく分析すれば、民主主義の定着も韓国が世界で一番速いというのがよく分かるだろう」と述べた。
◆「丸々と肥えたイノシシを引き継がせる」
 不動産問題について「必ず解決する。いくら腹の座った人間でも投機は長続きしないだろう。来年の今ごろは完全にやり遂げ、丸々と太った健康なイノシシを引き継がせたい。来年はネズミ年だが肥えたネズミを引き継がせるのは難しいだろうが…。よくレームダック(死に体)、ひどいときは植物大統領ともいわれるが、今日のわたしは植物大統領には見えないだろう」と反問した。
(一部抜粋)

年頭の挨拶だと思いますが…ノムたん、この調子で突っ走ってくれ。
それこそ猪突猛進と呼ばれるくらいにw

盧大統領「国民評価ではなく自己評価を行う」 2007/1/4 朝鮮日報
 3日に「国民の評価を完全にあきらめた」と述べた盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は同じ日に、「国民評価」の代わりに「自己評価」を行うとの意思を表明した。
 盧大統領は今後国務会議を毎回主催するとし、「(直接主催する)理由は、国政の仕上げと評価作業を本格的に行ったほうが良い(と思うから)。自ら国政を評価するのはやや滑稽な感はあるが」としながらも「客観的な意味での評価と言うよりは、参加政府が樹立した計画、実行した内容、今後の仕事とその国家的意味、これらを整理したほうがいいと思う」と述べた。
 盧大統領は12月28日に「大統領諮問政策企画委員会」の新任委員との晩餐でも同様の内容を語った。「一度落ち着いて、学問的に参加政府を評価してほしいという希望もある。客観的で冷静な評価に向けて努力するようお願いしたい」と伝えた。
 盧大統領は金秉準(キム・ビョンジュン)前教育部長官兼副総理が委員長の「政策企画委員会」に対し、一種の「政権白書」を作成するよう指示した。成功と失敗の事例を集め、残りの課題も分野別に明らかにする膨大な分量になる見込みだ。また2日には、大統領府の報道官から演説企画秘書官業務にのみ専念することになったユン・テヨン秘書官に対し、非公式の席での自らの発言を総合的に整理する作業を任せたという。
 これらの作業は5年の任期を整理し、次の政権に引き継ぐという点でそれなりに意味があるとの評価もある。しかし大統領が「不動産以外には問題ない」「外交・安保は超過達成した」と語っている状況での客観的な評価は困難だろう。また「国民の評価」を放棄した大統領が自己評価にばかり頼るのは、あまりにも危険だ


客観なのか政府主観(ノムたん主観か?)なのかどっちかよくわかりませんねぇ。
しかし「国民の評価を気にしない」と言い切った大統領は独裁者以外にいるのでしょうか?
北朝鮮との連邦制の成立が年内に、という予想もあるようですが、金王朝下の終身連邦大統領というのが真の狙いだったりして。
有り得ない、と言い切れないのがこの大統領の真の怖さです。


国民の評価は気にしない、マスコミの評価は期待しない、と言いながらもマスコミ攻撃は忘れない閣下です。
盧大統領「マスコミは不良品」(上) 2007/1/5 朝鮮日報
「朴正煕がいなくとも経済発展は達成された」
盧大統領「マスコミは不良品」(下) 2007/1/5 朝鮮日報
「公職社会がマスコミにひざを屈してはならない」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は4日、京畿道果川の政府庁舎で幹部公務員250人余りと昼食を共にした席でも、相変わらず多くの発言をした。その分量は、200字原稿用紙に換算すると63枚分にもなった。
 その中で盧大統領は自身の境遇を嘆き、自分がしっかりと評価されないのは主にマスコミのせいだとし、「不良品」という表現を使って激しく批判した。当初、演説は25分の予定だったが、実際には45分間も話し続けた。
◆「自分が国政破綻(はたん)の主犯なのか」
「実際、わたしは大変な困難に直面している」
「わたしは謙遜(けんそん)することができないため、そのように批判されるのかもしれないが…。わたしは少なくとも、国政破綻の主犯扱いされるほど、また国政の危機を招いた責任者扱いをされなければならないほど、さしたる大きな過ちを犯したという事実が見当たらない」
「もちろん、試行錯誤はあった」
「しかし、それが歴代の政権や、この時点で期待し得る政権の水準に到底及ばないほどなのかと考えてみると、何となくそれは認めたくない。(公務員の)皆様方の評価ですら、その通りだと言うならば、わたしは拠って立つところがなくなってしまう。わたし1人で言い張るのにも限界があるではないか」
「わたしの落ち度が大きいのではないかと考えてはいるが…。わたしが摩擦や対決を好む気質だからなのかも知れないが、わたしの在任中はずっと騒がしい状態が続くと思う」
◆朴正煕(パク・チョンヒ)がいなくても…
「最近、多くの人々が朴正煕時代に成長のきっかけをつかんだと評価しており、わたしもそれは事実だと認める」
「しかし、ただひと言言って置きたいのは、おそらくいかなる場合でも(経済発展は)達成されただろうということだ。その根拠は公務員、公職者らが優秀だからだ」
「緊急措置令を下し、人を捕まえて殺しておきながら、なぜ(経済成長が)達成できたのか。5・16クーデターがなかったならば、われわれは(経済成長を)達成できなかったのか。こうしたことを常に自問自答している」
◆「わたしはマスコミに目をつけられた」
「公職社会がマスコミ集団に絶対ひざを屈してはならない。韓国社会で最も出来の悪い商品が流通する領域はどこか。わたしはメディアの世界だと思う。まったく事実と異なるとんでもないでたらめを、あたかも事実のように記事に書き立て、世の中に垂れ流している。誰の発言なのか情報の出所も不確かな意見があふれ、凶器のように人を傷つけて回り、何ら代案を提示することなく、結果に対して何の責任も負わず、賠償もしない商品が一つだけある」
「わたしは(マスコミに)目をつけられた。参与政府のマスコミ政策が(マスコミに対する)不敬罪に引っかかったのではないか」
「(公務員の)皆様方はあまり委縮してはならず、公職社会はこのマスコミ集団に対し、絶対にひざを屈してはならない。不良品に対しては遠慮無く告発すべきだ。そして妥協してはならない」
「公職社会がマスコミ集団にひざを屈してはならない。一般国民が(マスコミに対して)消費者の権利を行使するのは容易ではないため、政府権力を持つ(公職)集団が消費者の役割を果たしてくれることを望む。また、(マスコミとの)癒着だけは避けるように。これはわたしからの切実なお願いだ」
◆国民年金を公務員年金より先に改革
「局長の方々はほとんど定年に近いと思うが、まだ若い公務員らのことを考えると、公務員年金には大きな変化があるだろう。だが、わたしは国民年金をまず改革すべきだと考えている。そう考えてはいるが、どのみちその(国民年金改革の)次に(公務員の)皆様方が直面することになる問題だ。この政権で処理されるか、次の政権で処理されるのかは分からないが、皆様にとって痛みを伴うものになるだろう」
(大統領の発言部分を抜粋)

(・0・)アゼン <・b・;>ボーゼン
突っ込む気力も起きなければ、太字に協調しようと思えばすべて太字にしなければいけないのであきらめたりもする。
なんかね、こう言ってるような気がするんですよ。
「ウリは悪くないニダ。悪いのは過去の政権とマスコミニダ。公務員は味方だから優遇するニダよ<`∀´>ホルホル」
って。

大統領選って12月でしたかねぇ…それまで何を言ってくれるか楽しみですw

マスコミ側も反論してます。
「盧大統領の不良品発言は、マスコミに対する暴行」 2007/1/6 朝鮮日報
 韓国新聞放送編集人協会(文昌克〈ムン・チャングク〉会長)は4日に声明を出し、「盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が4日に幹部公務員らとの昼食会の席で、マスコミを非合理的かつ暴力的な表現で罵倒したのは、言論弾圧の域を超えたマスコミに対する暴行」と主張した。
 新聞放送編集人協会はこの日の声明書で、「“韓国社会で最も出来の悪い商品”、“凶器のように人を傷つけ”、“不良品”などの発言でマスコミを罵倒したのは事実に反する上、言論の自由を保障する憲法の精神を踏みにじる違憲的発言だ。特に、公益のためマスコミに協力すべき公務員らに対し、大統領が対立的マスコミ観をあおったのは、政府とマスコミの健康な関係にとって非常に望ましくないことだ」と表明した。
 また、新聞放送編集人協会は「われわれは盧大統領のこうした発言が、果たして言論の自由を尊重すべき大統領にとってふさわしいものなのかどうか問い正したい。盧大統領が被害意識と強迫観念から抜け出し、健康なマスコミ観を打ち立てるよう今一度促す」と付け加えた


内部抗争は朝鮮半島の伝統(-o-)y-゜゜゜゜゜


ノムたんの過去の発言を見たい方はこの本がお薦めです。
大統領発言録
(画像はクリックしても大きくなるだけで、買えませんw)
私も買いました。
ゆっくりと笑いながら読んでますw

ちょっと勘違いされてる方もいるかもしれませんが、黒猫はハングル文字を読めません。読む気も勉強する気もないです。
参照しているのはすべて日本語版です。
基本的に「下線付き太文字」はリンクになってますので、元記事を読みたい方はクリックしてみてください。



FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/29-d2735340
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。