上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやくと言うべきか。
空気を読める経営者もいるんだな、と思うべきか。
かねてからの心配事のひとつに対し、手を打ってくれたみたいです。

外食、中国食材の使用縮小 ロイヤルホスト、リンガーハットなど 2008/10/20 NIKKEI NET
 外食各社が中国産食材の使用を縮小する。ロイヤルホールディングスは来春にもファミリーレストランで、中国で最終加工した食品の使用を中止する。長崎ちゃんぽん店のリンガーハットも中国産野菜を2009年度中に国産へ切り替える。中国産の食材・食品は安全問題が相次いでいる。20日にもイタリア料理店、サイゼリヤの中国製原料に有害物質メラミンが混入していたことが判明。消費者の不安解消に向け、今後も食材調達の見直しが進みそうだ。
 ロイヤルHDは早ければ来年3月のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のメニュー改定で、中国で最終加工した食品の使用をすべて取りやめる。同社は先月、8品目あった現地での最終加工品を「冷凍あさり」1品目のみに絞り込んだが、これも韓国など他産地に切り替える。


中国産加工食品の使用 「ロイヤルホスト」全面中止 2008/10/21 J-CAST ニュース
イタリア料理チェーンを展開している外食大手のサイゼリヤの中国製ピザ生地に有害物質メラミンが混入した事件で、外食産業では中国産食材を切り替える動きが加速している。外食大手のロイヤルホストは全面中止を明らかにしたほか、リンガーハットも検討を始めた。ただ、中国産の食材を他国産や国内産に切り替えれば、コストアップで値上げは必至。さらに大手チェーンになれば安定供給も危ぶまれ、即座に対応できない苦しい事情もあるようだ。(一部抜粋)

食中毒ならまだしも、毒劇物が混入してたら、ヘタしたら潰れますからね。
いい対応だと思います。

とはいえ、食中毒を認めてるわけではないですよ。
食中毒の場合は、社員教育と衛生管理の徹底で対応可能ですが、材料の中に毒劇物が入ってたら、現場での対応は無理、という意味です。

ちょっと遅すぎた気もしますし、『中国で最終加工した食品』ってところに、若干引っかかりはありますが。
少しでも動きがあるのは有り難いことです。

何度も読んでると、重箱の隅をつつきたくなりますがw
この動きがさらに広がるよう期待します(*ΦωΦ)y―~~


リンガーハットは近場にないんで、ロイヤルホストに早速行ってこよっと。
………って、来年からやんOTL




見落としてた。
なして韓国産………(´ヘ`;)ハァ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/330-66e060c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。