上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記者手帳】国土の端も知らない韓国政府 2009/1/12 朝鮮日報
 「韓国の国土の先端がどこかについて、政府は正確に認識していない」。このような言葉を聞いても、誰もが「まさか」と思って信じようとはしないだろう。しかし実際のところ、大韓民国政府は韓半島(朝鮮半島)の島を除く陸地部分の最南端と最東端の地名について、正確に把握していない
 初日の出を見られる場所について取材を行ったところ、慶尚北道浦項市のホミ岬と石屏里がそれぞれ「自分たちがそうだ」と主張しているのが分かった。そのため政府の地理情報サービスを提供している国土地理情報院(以下、国土地理院)に問い合わせたところ、「はっきりしない」という回答が寄せられた。ついでに国土の最南端と最東端の地名、緯度、経度についても尋ねてみたところ、国土地理院の関係者は「口頭でなら教えることはできるが、文書では難しい」と答えた。
 それでも説得して何とか電子メールで回答を受け取った。その内容はこうだ。「5万分の1尺度の地図で緯度と経度を調べたもので、国土地理院の公式的な立場とは異なる」というものだった。なお、国土地理院のホームページでも同じような説明が掲載されている。
 到底納得できなかったため、このような説明が行われる事情について再び問い合わせてみた。国土地理院は「実測を行って地図を作成したわけではなく、航空写真を基に地図を作成したため、少なくとも50メートルほどの誤差が生じる」ということだった。つまり政府機関も公式には確認できていないという、一種の「良心宣言」となったわけだ。
 結局、問題は資金だった。国土地理院の関係者は「実測を通じて最南端など各種の情報を提供すべきだが、調査を行うための関連予算がない」と説明した。
 国土に対するこの種の基本情報を提供するのは、最も基本的な政府の行政サービスであり、国民の自尊心にかかわる問題だ。もし日本が独島(竹島)周辺の海底探査を行うにあたり、韓国側が独島の位置情報を正確に把握していないとすれば、いかに衝撃的なことだろう。
 「もしかすると、独島の座標も正確に知らないのではないか」と心配になって聞いてみた。国土地理院の関係者は「独島は非常に重要なため、現地で直接測量した」と回答した。「良かった」と胸をなで下ろすと同時に、「これが先進国を目指す、建国60年を迎える大韓民国の実情か」という思いが交錯した。


(・0・)アゼン
何もツッコミたくない。
こいつら、国を作る資格ないです(*ΦωΦ)y―~~

おまけ
日本の端
リンク先に名称と写真、いろいろな種類の端があります。

おまけ2
朝鮮日報のエンタメのページを開くと、ウィルス対策ソフトが警告を発しました。
スパイウェアが侵入する危険があるそうです。
何があったんでしょうね?

(ニダー対策ソフトって誰か作ってくれないかな(*ΦωΦ)y―~~

追記
こんなニュースがあったんだ。
韓国領土決議案 国会小委に付託
 韓国国会の外交通商統一委員会が、対馬を韓国領とするための「対馬の大韓民国領土確認及び返還要求決議案」を同委小委員会に付託していたことが14日、分かった。外務省が「日本の領土を守るため行動する議員連盟」総会で明らかにした。
 同決議案は昨年7月、韓国国会の与野党議員50人が提出、翌8月に同委員会に付託されていた。同省によると、決議案が小委員会に付託されたのは昨年12月10日で、韓国の外交通商相は「対馬に対する領有権主張は適切でない」と明言しているが、審議はまだ、始まっていないという。


現在の領土のことすらわかってないけど、侵略する気だけは十分あるようですね(*ΦωΦ)y―~~

参照ブログ:韓国国会、日本に対馬返還要求 「対馬の大韓民国領土確認及び返還要求決議案」 by ああ、昔にもどりたい



banner_02.gif  e_01.gif

クリックよろしゅうに♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/340-efe763a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。