上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28日の朝日新聞にこういう記事が載っていた。

在日女性による文芸総合誌創刊 「複眼的見方伝えたい」 2007/1/28 朝日新聞
http://72.14.235.104/search?q=cache:iO6JuEB2ZxgJ:www.asahi.com/culture/update/0127/011.html+%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%80%80%EF%BC%92%E4%B8%96&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=5 同じ記事のキャッシュもつけておきます)

すぐに消えると思うが、「在日コリアン女性による文芸総合誌「地に舟をこげ」が創刊された」というニュースである。
記事内容で気になったのが、「在日2世で作家高英梨さん(84)や詩人李美子さん(63)らが「女性のつぶやきにこそ伝えるべき生の実相がある」と、発刊を呼びかけた。」という内容である。

記事自体は在日女性が文芸誌を発行するという内容で、私的には好きにすれば、なのであるが、ちょっと引っかかっていた。
それは何か!

そう、在日2世(84)、である。
ちょっと待てぃ!
年表を引いてみる。
満州事変      1931年~
支那事変(日中戦争)1937年~
太平洋戦争     1941年~
で、1945年が終戦である。

84歳ということは、
1923年又は1924年生まれということになる

この方は2世ということなので、おそらくは日本で生まれたのであろう。
ということは、だ。
戦争前から日本にいた、ということになる!

どういうことなのでしょうか?
在日はすべて強制的に日本に連れてこられたんじゃないのか!
戦時徴用の朝鮮人の適用に関しては、
1938年 国家総動員法(朝鮮人は適用外)
1939年 朝鮮人労働者募集要項(募集方式)
1942年 鮮人内地移住斡旋要綱(斡旋方式)
1944年 国民徴用令(徴用方式)
ということになってます。
戦中の労働不足のため、強制的に連れてこられた、というのが今まで聞いてきた強制連行という主張です。

この方、戦争前にすでに生まれてます。
1939年の段階で16~17歳、44年だと21~22歳という計算になります。この年齢ですと女子挺身隊、或いは朝日新聞の大好きな従軍慰安婦だ、というのなら話はわかります。でもこの場合だと在日1世になるはずです。
それなのに在日2世ということは、この方の両親はいつ日本に来たのでしょうか。

考えられることはただひとつ、戦前に日本に渡り、そのまま日本に残ることを選んだ、これだけです。

在日朝鮮(韓国)人はすべて強制連行の被害者ではなかったのでしょうか?
朝日新聞もそう主張していたと記憶しているのですが。

戦前生まれの2世を”在日”として紹介する朝日新聞。
これだけでも彼らの主張にどれだけ嘘が含まれているか、わかろうというものです。
皆さんはどう思いますか?




FC2ランキング人気ブログランキング

応援クリックお願いします。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/44-66c7b134
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。