上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初見たとき思った。

聞き慣れない言葉だな、立ち読みのことか、と。

でもニュースを読んでみると意味はわかった。

そのニュースとは、これである。

「mixi読み逃げ」ってダメなの?

 友人のmixi日記を読み、コメントを残さずに立ち去る「読み逃げ」を失礼と感じるユーザーが増えており、読み逃げを公然と非難する人も出てきた。だが古参のネットユーザーを中心に「何が悪いか分からない」という人も多く、“読み逃げ禁止文化”に対する困惑が広がっている。

 「読み逃げ」という言葉をご存じだろうか。SNS「mixi」で、友人のページを訪問して足あと(アクセス履歴)を残しながら、日記にコメントを付けたりメッセージを送ったりせずに無言で立ち去ること--いわば日記を「ROMる」行為を非難する言葉だ。足あとを残して“逃げる”ため「踏み逃げ」とも呼ばれる。

 最近、読み逃げや踏み逃げを失礼だと考えているユーザーが増えているようで、mixi日記やプロフィールで「読み逃げ禁止」を堂々と宣言したり、読み逃げを非難する人も現れている。読み逃げを許さない「地雷バトン」という名のバトンも流行中だ。

 一方で「特筆すべき感想がなければ、コメントは残さないのが普通では」「読み逃げという言葉自体に違和感を感じる」「ROMることの何が悪いか分からない」と、読み逃げを容認する人も多く、“読み逃げ禁止文化”に対する困惑が広がっている。(一部参照)

ちなみに記事内で紹介された「質問」は現在では削除されている。

で、疑問なんだが、何が、読み「逃げ」なのだろうか?

なぜ「逃げ」なのだろうか?

ブログをやってる立場から少し考えてみたい。


ブログを続けている以上、コメントはとても嬉しい。

コメントがつけば、共感・批判に関わらず、自分の主張を読んだ人が真剣に考えてくれていると実感できるから。

だが、だ。

ここで考え直してみる必要がある。

「コメントがつけば嬉しい」が、「コメント欲しさに更新している」になってはないのだろうか?

ブログを更新しつづける目的はいったい何なのか、ということである。

これは黒猫個人の目的だが、「ブログを続ける理由は、やはり読んでもらいたい」からである。そして取り上げた内容に関し、何か感じてもらえれば、何かを考えてもらえれば、というのが最大の希望である。(エントリーが希望に添っているかどうかは別問題ということでw)

「読んでほしい」から、アクセスカウンターを設置し、アクセス数を確認(見てくれた人がどのくらいいるかが知りたい)している。アクセス数の増加は十分励みになる。

わざわざ時間を割いて、当ブログを読んでくれているのだから、それ以上を望むのは間違っているというか、勘違いのように思う。

ところで今回の内容は「MIXI」内における出来事である。

(私はMIXIをやってはいない。チャット仲間から何度か誘われたが、断っている。何故かと言うと、会員のみという閉鎖性が嫌なのと、MIXIの運営母体に疑念を持っているためである。これは私の勝手な思い込みの可能性もあるのでここでは語らない。)

MIXI内で、マイミクに登録している人が自分の日記を読みながら、コメントを残さないのが許せないというのが、「読み逃げ」であるとされる。しかもコメント欲しさに「地雷」まで作る(人がいる)といった念の入れよう、正に恐れ入った、としか言いようがない。

質問者は30回以上訪れながら、コメントを残さない1名を問題にしているようだが、どうもMIXI内で多数がそう思っているらしい。

彼らが日記を書く目的は何なのだろうか。

コメントをもらうためか?

違うだろう。おそらくは純粋に(ネット上の)友達を作るためであり、自分と共感できる人を探すのが目的であったと思う。

最初は読んでくれる人がいるだけで嬉しかったはずだ。そしてたまにコメントしてくれる人がいれば有頂天にもなるだろう。続けていけば知り合いも増え、コメントを残してくれる人も増えていく可能性がある。

しかし、だ。仮に毎日更新していて、しかも内容が日々の生活といった内容だったとしたら、コメントできる人がいったいどれだけいるのだろうか?

例えば、「今日○○でデートした。楽しかった。」という内容で、読んだ人がすべてコメントできるのか、ということである。(まあ、これは極端な例だがw)

コメントできない、又はコメントしづらい内容という可能性は考慮できないのか。

足跡が残って管理者が訪問者を特定できるからと言って、コメントを残さないのは許せない、というのは理解できない。

また例えば、だが、1日に数千人単位で人が訪れたとしよう。その人全員がコメントを残した場合対処できるのか。コメントを残すことを強要するのなら、当然コメントには返事し、相手の日記に訪れコメントを返しているはずである。数千人がコメントを残した場合、対処できるはずもない。

要は数人から十数人といった少数のみの閲覧であるが故に、コメントが残らないことに憤懣を覚えるのではないか、と黒猫は邪推するw

自分が対処できる範囲内の閲覧だから、来た人くらいコメントくれよ、と思ってしまうのだろう。

関係ないが当ブログは復帰後何故かアクセス数が若干増え、250前後のアクセスがある(休止前は150~160ぐらい)。無論すべて別人ということはあり得ず、重複アクセスもあるだろうが、リピーターだけでも100前後のアクセスがある。仮にこの100人がコメントをくれたとしたら、コメント返しなぞ到底できない。時間的に無理。となるとコメントを強制するなぞ馬鹿げた話であるとしか思えない。

つまり何が言いたいのかというと、MIXIの閉鎖性もあるだろうが、少数の人しか見ない日記、すなわち人気がない日記にコメントはしづらい、ということ。

1日に数千~数万のアクセスを得るブログですら、コメント数は10~20ぐらい、というところもある。

それを考えれば「見てもらうことを喜びこそすれ、コメントを強要するなぞ、勘違いも甚だしい」と思う。

ちなみに紹介した記事内にリンクされている質問だが、すでに消去されている。

もし読みたければ、痛いニュース(ノ∀`)さんの方に載ってます。

参照: 「私の日記、読み逃げするな!」 日記を読んだらコメントするおきてがmixiに 

また、こういう質問をしてる方もいるので参照までに。

参照:「mixi読み逃げ」ってダメなの?に意見を。 by OKWaveコミュニティー

マイミクというのはどうも友達登録みたいなもののようだから、友達なのにコメントを残さないのが気に入らない、ということらしいがネット上でまで、現実と同じような関係を強要するのは問題がある。というか、日常の人間関係がうまくいってないのかと、逆に心配になってしまう。

コメントを強要する前に、コメントを残したくなるような内容を書けるようになることの方が先決だろう。黒猫はそう思う。

コロコロコロ...........●~*°゜ん?これ何【゜゜φ】

ヂゥドーン!!(((((≪*****)゚0゚(*****≫))))))ヒィィイイ!!

地雷踏んじゃったorz

 





今回の記事はxfy Blogを使用して書きました。
どんな風になるか興味あったので(^<^)

FC2ランキング人気ブログランキング

黒猫はコメントを強制しませんが、コメントを頂くと、喉を鳴らして喜びます。これはクリックしてくれても同じです(・-・)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/73-d9035b47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。