上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA1TU9Y1.jpg:「ウリは進化したニダ。可愛いニダ。かっこいいニダ。もっとウリを誉めるニダー」
CATPGX29.jpg:「冒頭から何を言ってるんだ、こいつ?」
CA3RLUGP.jpg:「冗談半分で募集したら、アイコンの提供を受けて舞い上がってるんですよw」
CATPGX29.jpg:「誰が?w」
CA1TU9Y1.jpg:「こんなに可愛いウリに名前をつけて欲しいニャ。他の奴らは『クロ』、『ミケ』、『シロ』で十分ニャ。けどウリには気品があって高潔で、誰が聞いても跪きたくなるような、そんな名前をつけて欲しいニャ」
CA3RLUGP.jpg:「葵の印籠ですかw」
CATPGX29.jpg:「けど本当に名前が欲しいな。中の人はキャラ設定をまだ何にも考えていないようだし」
CAXIXF9A.jpg:「中の人などいないっ!
CA1TU9Y1.jpg:「なんニャ、なんニャ!」
CATPGX29.jpg:「こいつもいたのか!?」
CA3RLUGP.jpg:「ふみゃーっ!」
しばらく三毛猫がネズミを追い回しておりますw
20060414190544-1.jpg:「はい、そこまで」
CA1TU9Y1.jpg:「遅れて出てきて偉そうニャ」
CA3RLUGP.jpg:「ふーっ、ふーっ!」
20060414190544-1.jpg:「どうもみんな性格が変わってきてるようですねぇw」
CATPGX29.jpg:「設定上は一番偉い猫らしいぞ。なにしろ『管理人の真の姿』なんぞと吹聴してるからな」
20060414190544-1.jpg:「そういうことです」
CA3RLUGP.jpg:「私たちのこの姿はReal-Kidさんから提供を受けました。あらためてお礼を申し上げます」
20060414190544-1.jpg CA1TU9Y1.jpg CATPGX29.jpg:「ありがとうございます
CAXIXF9A.jpg:「中の人などいないっ!
CATPGX29.jpg:「おわ!」
20060414190544-1.jpg:「ああ、目線ネズミだけは「中の人などいないっ!」という台詞しか言わないという設定のため、あれしか言えないんです」
CA3RLUGP.jpg:「あれでも感謝してるんですよw」
CA1TU9Y1.jpg:「そんな裏話を言ってもいいニカ?」
20060414190544-1.jpg:「いいんです」
CATPGX29.jpg:「いいのか!?」
CA3RLUGP.jpg:「そういうことらしいですw」
20060414190544-1.jpg:「お礼も言ったことだし、そろそろ講座を始めたいと思います」
CATPGX29.jpg CA3RLUGP.jpg:「はーい」
20060414190544-1.jpg:「前回は宗教とは何か、ということでごく簡単に話しました。1時限目は儒教の成立について話したいと思います」
CA1TU9Y1.jpg:「はいはいっ!ウリッ、ウリがやるニダ。今日のためにいろいろ調べてきたニダ。ウリが話すニダ。話させろニダ!」
CATPGX29.jpg:「うるさい奴だ」
CA3RLUGP.jpg:「調べたと言ってるから聞いてあげませんか?」
20060414190544-1.jpg:「どうもやな予感がしますが…三毛猫君もそう言ってるし、いいでしょう。太極猫君、話してみて」
CA1TU9Y1.jpg:「皆ウリを崇め奉るニダー。素晴らしい話を聞かせてやるからウリを尊敬するニダー。拝聴を許すニダ」
CATPGX29.jpg:「き、急に偉そうに…」
CA3RLUGP.jpg:「後悔し始めました」
20060414190544-1.jpg:「能書きはいいからさっさと本題に入る!」
CA1TU9Y1.jpg:「は、はいニャ」
CA1TU9Y1.jpg:「前回の話の最後に既存の宗教のほとんどは元となる宗教または信仰があるという話があったニダ。そこでウリは考えたニダ。儒教にもあるんじゃないニカ?と。そこで調べてきたニダ」
CATPGX29.jpg:「予習をするとは侮れん、かもしれん」
20060414190544-1.jpg:「事実儒教にも元となった信仰がありますから、着眼点はいいですね」
CA1TU9Y1.jpg:「それでは儒教の元となった信仰についてウリが説明するニダ」
CA3RLUGP.jpg:「太極猫の講座が読みたい方は『続きを読む』をクリックしてください」
CATPGX29.jpg:「激しく電波な予感が…」






CA1TU9Y1.jpg:「ズバリ儒教の元となった信仰とは先祖崇拝ニダ!」
CA1TU9Y1.jpg:「なぜ先祖崇拝が起こったのか、それを説明するには先祖の話も必要ニダ。これからそれを話すニダ」
CATPGX29.jpg:「合ってるのか?」
20060414190544-1.jpg:「おおまかには。しかし先祖の話というのは……」
CA1TU9Y1.jpg:さえぎって、「俗に中国4000年と言うニダ。それだけ古い歴史があるという意味ニダが、実は韓国には1万年を超える歴史があるニダ。それが韓国人は謙虚だから、9000年の歴史、とはっきりわかってることしか言ってないニャ」
CA1TU9Y1.jpg:「実は儒教の元となった信仰は韓国が発祥ニダ。そもそも1万年以上前、韓国には神代朝鮮人という神にも等しい民族が存在し、これが韓国人の祖先ニダ。そして偉大な神代朝鮮人を韓国人がご先祖様と崇めたことが先祖崇拝の始まりニダ」
20060414190544-1.jpg:頭を抱えている
CA3RLUGP.jpg:(・0・)
CATPGX29.jpg:(@_@)グルグル
CA1TU9Y1.jpg:「この神代朝鮮人のことをウリ達は桓雄(ファヌン)と読んでおり、彼の息子が壇君ニダ。そして彼が偉大な朝鮮人すべての先祖ニダ。そして壇君朝鮮を建国し、周辺を支配したニダ。これが証拠画像ニダ」
daejusin03.jpg

CA1TU9Y1.jpg:「これは壇君朝鮮が分裂した頃の勢力図ニダ。そしてこの頃に中国の殷王朝から箕子という中国人が逃げて来たニダ」
CA1TU9Y1.jpg:「当時の朝鮮人は箕子を手厚く迎え、領土も与えたニダ。さらに朝鮮の高度な文明を授け、偉大な先祖をまつる先祖崇拝の大事さを教えたニダ」
CA3RLUGP.jpg:「口が挟めない…」
CA1TU9Y1.jpg:「やがて箕子の子孫が中国に戻り、同族が建てていた宋という国に定住したニダ。そこで当然偉大なる朝鮮の信仰を伝えたニダ。この信仰は朝鮮の宗教、すなわち朝(チョ)教と呼ばれ、当時の中国人に絶大な歓呼を持って受け入れられたニダ」
CA1TU9Y1.jpg:「この宋の国の公族に孔という一族がいたニダ。この孔一族が魯という国に引っ越し、やがて孔子が誕生したニダ。孔子は朝教の教えに深く感動し、朝教を一心不乱に勉強したニダ。そして孔子が勉強した朝教の教えを語った物が論語という本にまとめられ、儒教が成立したニダ。中国人は朝鮮語の発音が下手だから、チョという音が儒という字に当てはめられ、儒教という名になったのは、ちょっとしたうんちくニダ」
CATPGX29.jpg:ぼそぼそ「いつまで聞かなきゃいけないんだ、これ?」
CA3RLUGP.jpg:ぼそぼそ「ボクもう頭が痛くて痛くて…」
20060414190544-1.jpg:ぼそぼそ「もう結論のようですよ」
CA1TU9Y1.jpg:「………(なんかいろいろしゃべってたらしい)というわけで、儒教の元となったのは、朝鮮に1万年以上前から伝わる朝教であり、箕子と同族の孔子は実は韓国人だったニダ。これが儒教の始まりニダ~」<`∀´>ホルホル
20060414190544-1.jpg:「あ~ところでそれはどこで調べたのかな?」
CA1TU9Y1.jpg:「無論大韓帝国史ニダ!」
CA3RLUGP.jpg:「だ、大韓帝国史……!?」
CATPGX29.jpg:「1行目を読んだだけで、電波に冒されるというあの!」
20060414190544-1.jpg:「ところで大韓帝国史には君の言った話は載ってなかったような気がするんだが?」
CA1TU9Y1.jpg:「大韓帝国史にはちょっと不備があるニダ。そこはウリが補ったニダ~」<`∀´>ホルホル
CATPGX29.jpg:「全部おまえの妄想かい!」
20060414190544-1.jpg:「なるほど。ところで太極猫君」
CA1TU9Y1.jpg:「なんニカ?ウリを誉めてくれるニカ?誉められるのは嬉しいニダ。もっと誉めてニダ」
20060414190544-1.jpg:ねこぱーんち(*゚ー゚)=○)゚O゚)
CA1TU9Y1.jpg:「アイゴーーーーーぶったニダ痛いニダ~」
CATPGX29.jpg:「あ、あれは伝説のねこパンチ!」
CA3RLUGP.jpg:「猫パンチいうとあのミッキー・ロークがボクシングの試合で使ったという…」
CATPGX29.jpg:「それもあるが本物は違う。本当のねこぱんちは別名ラビットパンチと言って、パンチを空振りした後、突っ込んでくる相手の後頭部に引き戻しざまパンチを与える攻撃なんだ。その腕のさまが猫の手によく似てることから、ねこぱんちと命名されたんだ。もちろん一撃必殺のファイナルブローだ。しかし使用条件が難しいため、今では使う者とていない伝説のパンチなのさ。参照ははじめの一歩第46巻で、ここに伝説の使い手ラルフ・アンダーソンの話が紹介されている」
20060414190544-1.jpg:「これこれ、真面目な顔と口調で、しかも参照まで付けて、嘘を言わないようにw ラビットパンチはただの反則打、ねこぱんちとは関係ありません」
CA3RLUGP.jpg:「う、嘘なの!?」
CATPGX29.jpg:「フ、信じやすいのが君の欠点さ」
20060414190544-1.jpg:「ねこぱんちとは、猫が前足でボールなどにじゃれつく仕草をパンチに見立てただけの言葉です。しかし三毛猫君は自信満々に言われると、すぐに信じてしまいますね」
CA3RLUGP.jpg:(´・ω・`)ショボーン
CA1TU9Y1.jpg:「アイゴーーーーーッ!殴られたウリを無視して話が進んでるニダ。いじめニダ、差別ニダ、猫種差別ニダーーー!」
20060414190544-1.jpg:「ああ、うるさい。そもそも君が妄想をぺらぺらと喋るのがいけないんでしょうに。しかも一部に神話や事実を混ぜてるから、なおさらタチが悪い!」
CA1TU9Y1.jpg:「ウリは妄想なんか…」
20060414190544-1.jpg:ギロリッ
CA1TU9Y1.jpg:聞こえないくらい小さい声で「言ってないニャ」
20060414190544-1.jpg:「君の言った話をひとつひとつ検証していけば、それだけで1時限以上かかります。それよりは本当の話をした方がいいでしょう。でも…」
CATPGX29.jpg:「でも?」
20060414190544-1.jpg:「疲れましたw」
CA3RLUGP.jpg:「ボクも」(´ヘ`;)ハァ
CATPGX29.jpg:「ということは1時限目はこれで終わりだと?そんなのでいいのかよ!」
20060414190544-1.jpg:「ただの電波浴になってしまいましたね」
CA3RLUGP.jpg:「じゃあ、2時限目こそはきちんとした講座をするということですね」
20060414190544-1.jpg:「次こそちゃんと話します」
CATPGX29.jpg:「納得いかんが、中の人がそう言ってるのなら仕方ない」
CAXIXF9A.jpg:「中の人などいないっ!
20060414190544-1.jpg:「ほら、見も蓋もないことを言っちゃうから、出てきてしまいましたよw」
CA3RLUGP.jpg:「では2時限目はちゃんとした講座になると思いますので、それまでお待ちください」
CATPGX29.jpg:「誰に言ってるんだ、誰に?」
CA1TU9Y1.jpg:「次回もウリが講師をするニャ」
20060414190544-1.jpg:ねこぱーんち(*゚ー゚)=○)゚O゚)
CA1TU9Y1.jpg:「アイゴーーーーーッ!」
20060414190544-1.jpg:「もう太極猫君にはまかせません。それでは2時限目まで…」
CA3RLUGP.jpg CATPGX29.jpg:「さようーならー」



続きがあったら→




FC2ランキング人気ブログランキング

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hidamarikuroneko.blog74.fc2.com/tb.php/91-35fb54f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。